*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoの気まぐれ日記「いざよい」Vol.10心でつなぐ思いやり  2018/10/16(火)
conkoの気まぐれ日記「いざよい」Vol.9オイ、ダイジョブカー?  2018/10/15(月)
conkoの気まぐれ日記「いざよい」Vol.8なんてゴージャスな練習?  2018/10/14(日)



conkoの気まぐれ日記「いざよい」Vol.10心でつなぐ思いやり
今日はパソコン勉強会に参加する日である。
もう通って16年が過ぎた。ワーオ!我ながら続いているなあ。
この教室はいわゆる民間の営利団体のパソコン教室とは違い、ある意味組織化された団体である。有志の集合体である。
教える人も、習う人も会の運営においては自分のやれる事をさせてもらっている。
私は所属の市に向けての支援制度のプレゼンを担当させてもらっているが、本当に居心地のよい場所である。
視覚や聴覚、肢体不自由な人たちへの支援がとても厚い。
今日もこんな事があった。

私が所属している合唱団がもうすぐミニコンサートを実施する日が近くなり、その会場となる病院にはワイヤレスマイクやアンプがないと知り、どうしたものかと考えていた。
その時この勉強会で行っている誕生会を思い出し、あの時使っているアンプやワイヤレスマイクはどうだろうという事に至ったのだ。
私はさっそくメンバーに聞いてみた。
するとあるサポーターの私物とわかり、当日借りれないかと訊いてみた。
すると、自分のだから使っていいよと、快く返事をくれたのだ。
おお、感激!

それをまた会場へ搬送する人を電話で探してくれ、約束をするところまで決まってしまいそうになった。
「ちょっと待って!」と私は叫び、「これは私がよかれと思って言っている事なのでこの時点で決めてしまう訳にはいかない。」と伝えた。
本当に怖くなるくらい皆さんの反応がありがたい。

家に戻ってさっそく指導者に電話で確かめてみた。
すると先生は、「その気持ちはとてもありがたいね。でも今後を考えるとなるべく自力でやりこなした方がいいと思います。」と言われた。

よって皆さんの気持ちに感謝しながら、またの時にでもお願いします、と伝えておいた。
結局、私たちはコンサートの歌と歌の合間に挟む、団員のコメントにマイクが欲しかったのだが、会場のキャパを考え、肉声でがんばろう!という事になった。
結論はそうなったが、ここまでたどり着いたプロセスがとてもうれしいものだった。
Date: 2018/10/16(火) No.891


conkoの気まぐれ日記「いざよい」Vol.9オイ、ダイジョブカー?
今迄ブログに何度も書いてきたかも知れないが、私の目の前の世界は濃霧。一面が真っ白である。
朝の光もなく、輝く青空もなく、煌めく星空もない。
色とりどりの花園もない、一面が真っ白の世界にいる。

そんな状態でパソコンの前に座って数時間はプチプチとタイピングしては何やら書いたり、文章を聞いたりしている。
そんな時は目をつむったままで捜査しているので、いつの間にか眠くなる。

しばらく意識が遠のいて、ふと目が覚めると「あれ?今ってお昼ご飯を食べたあと?それとも夕飯のあと?」とよく思うようになった。
つまり、時間の観念がおかしくなっているのだ。

オイ、ダイジョブカー?

家の中にいると曜日の観念もおかしくなる。
定年退職してかなりの夫と二人でいると季節感もない。
私はいろいろと季節を飾りたい方だが、夫は好きではない。だからあまり部屋を飾る事ができない。また正直、目が見えなくなってからはデコレーションそのものが難しく、大変になってきたのだ。だからもう、わずらわしさが勝っている。

朝起きた時、必ず「今日は月曜日、生ごみの日」と具体的に声に出して確認するようにしている。

そろそろ、オイ、ダイジョブカー?
という状態になりつつあるのかも知れない。

時おり引き出しの中にヘンなものが入っている。これもきっと私が片付けた時に間違えたのだろう。
ある時など、電話台の下の引き出しにフォークが入っていた。「なんでアタシここにいるの?」って感じで収まっていた。

やはり、オイ、ダイジョブカー?
である。
Date: 2018/10/15(月) No.890


conkoの気まぐれ日記「いざよい」Vol.8なんてゴージャスな練習?
今日はコーラスの練習日。今月27日に行われる病院でのミニコンサートを前に、練習にも念が入る事と言ったらない。
いつもは第二、第四日曜日に実施している練習も、かなりリズムが入れ替わっている。
で、今回は来週も続いて練習がある。
まだまだ何度も歌いこまないと自分の声、音、リズムやタイミングがつかめない。
今日はミニコンサートの会場で初演奏となる電子ピアノと、いつものピアノで、大変贅沢な練習ができた。
団員の皆さんも出席率がよく、きっと楽しみにしているのだろうなと推測できた。
私は病院の事務局の人と細かな点を形作っていく為に、何度もメールのやり取りをして、いろいろな事が決まってきた。
それでも尚、あとからまた一つ、二つと気づいてはメールで確認を取っている。
この作業そのものも大変面白い。
さてさて、どんなコンサートになりますやら。
母も誘ってある。その為、会場までは夫の車で私ともう一人を乗せて連れて行ってもらう手はずになっている。
本当は夫にもコンサートを聞いてもらいたい。
だがこれだけはわかる。
絶対に会場には座らない。万一、団員の誰かに座るようにと勧められても、きっと逃げるように消えてしまうだろうな。
すごい偶然だけど、その日は私の誕生日なのだ。聞いてもらいたいけど、もし聞いたなら、あとから「なんだあのヘタクソは!」とくらいしか言わないだろうし。
彼の性分だもの。仕方ないさ。
Date: 2018/10/14(日) No.889

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
022457
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。