*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoの春♪おぼろ月夜Vol.30すってんころりん!  2020/03/30(月)
conkoの春♪おぼろ月夜Vol.29今後の予定はどうなる?  2020/03/29(日)
conkoの春♪おぼろ月夜Vol.28心温まる贈り物  2020/03/28(土)



conkoの春♪おぼろ月夜Vol.30すってんころりん!
今日はうれしい月曜日。
何故うれしいのかと言うと、私の関係する活動があれもこれもとできなくなっている今、唯一、気がかりではあるが、人と一緒に過ごせるから。
アメリカ人の先生の下、少数人数の生徒と共に進める英会話教室だ。
いつもより机を離し、一クラスが終了するたびに部屋の換気を行ない、消毒もしてコロナウイルスに感染しないようにと努力している姿に、「大変だな。」と思った。
私はマスクをして臨んだ。だが他の生徒も先生もマスクへの信頼度が低いのか、装着していない。確かに私などガーゼのマスクなので、ウイルスなど簡単に入ってしまう。
何の効果もないかも知れない。ただ飛沫感染は抑えられるかなと思うくらいだ。

それよりもみんなでワイワイできる事の方が重要である。
こんな緊急事態が発生しているさ中によく言うよ、と思うかも知れないが、人間、我慢するのにも限界はあると確信した。
自粛に継ぐ自粛で、家にこもり、人とは会わず、そんな暮らしを長期間続けたら、精神的に参ってしまう。厳重注意は当然必要であるが、また各人の自覚も必要であるが、ほどほどにしておかないと暮らしていけない。

英会話が終わってからは食材の買い出しにスーパーまで行ってもらった。
夫と共に軽く昼食を済ませ、買い求めた物を家に運び込むべく、私も手伝った。
自宅マンションの三階まで上がって行くのだが、私がカギを開け、ドアを足で抑え、沢山の荷物を持った夫を中に入らせてあげたいので、毎度私は先に階段を上がって行く。
もう30年以上も続けている動きである。それなのに…!!

駐車場の踊り場から階段に移る所で、転んでしまったのだ。私が。
実はいつもだが、階段の壁に沿って、一台の自転車が留めてある。本来は階段の下のスペースに入れておくのだが、その人は便利なのか毎回その壁沿いに置いてある。ひどい時は階段への入り口を半分くらい塞いでしまうほど自転車の荷台が飛び出している。
今日もそうだったので、それを避けるように、私は白杖で探りながら足の置き場を探していた。それが、足を置きそびれて、宙を舞ってしまったらしく、後ろにすってんころりんと転んでしまった。
仰向けに大の字になって倒れた。荷物を手に持ったまま。
すぐに夫が「おう!何転んでるんだ!」と起き上がらせてくれた。
「よく頭を打たなかったもんだな。」と感心したような声で話していた。
仰向けの大の字にはならなかったようで、亀さんがひっくり返ったように丸まっていたらしい。無意識に頭をぶつけないように、体で交わしたのだろうか。
そんな技は私にはない。きっと偶然だったのだろう。
まあ、いずれにしても、最近太り気味で肉付きがよくなっていたのが功を奏したらしい。
見事に転んだわりには痛みが残らなかったから。
私は無様に転んだ姿を想像して、ただ笑うしかなかった。
だが、心臓はバクバクして、ショックは受けたようだ。
その後、足も少しふらつくし、体全体がフワフワした感じが残っている。
一瞬、血圧が上がったのかも知れない。
思い切り打った右脇とお尻にアザができているかも?ワーオ!年を取ったもんだ。
こんな私の事より、今朝一番のショッキングなニュースは一生忘れられないと思う。
ずっと好きだった、大人気のコメディアンが新型コロナウイルスに感染して、重篤化した挙げ句、亡くなってしまったのだ。多くの人たちにどれだけの笑いとエールを提供してくれた事か。今春からはドラマにもチャレンジするはずだったという。
心から追悼の気持ちをささげたいと思っている。
彼の「だいじょぶだあ。」をまた、聞きたかった。
Date: 2020/03/30(月) No.1591


conkoの春♪おぼろ月夜Vol.29今後の予定はどうなる?
日に日に状況が悪化していく一方のCOVID-19問題。
自分の意識を高めて、何をどう、最低限守っていけばよいのかを知っていれば、ある程度は大丈夫かとも思えるが、周囲との関連を考えると先々の不安は消えない。

まず、合唱団の例会はいつ復帰できるのか。6月の合唱祭に向けて練習を積んでいる最中なのに、まだ仕上がってはいない。
それに合唱祭自体が実施されるのかどうかもわからない。
大元である合唱連盟が「中止」を唱えれば、それまでである。
また学校の方では来月から新学期はしっかりと始まるのだろうか。また突然休校措置を取る事となるかも知れない。
すると毎年訪れている福祉実践教室も予定通りに行われるかどうかも不明である。
まだある。私が所属している視覚障害者協会の“春の研修会”と銘打ったバス旅行も予定通りできるかどうか…。
それに来月に控えている通常総会も実施できるかどうか。
もう一つ所属先のパソコン勉強会もいろいろと実施されるかどうかの心配はある。
また、毎週家に来てもらっている英会話教室の生徒たちや対面朗読の人にもいつ頃戻ってもらえるだろうか。

新型コロナウイルスに感染しないように努めてはいるが、これもどこで移ってしまうか、わからない。
ああ、「わからない」事ばかりである。
友人といつものように、気軽に会ってお茶タイムを過ごしたい。だがマスクをしてはお茶も飲めない。外せば飛沫感染が心配となる。
何故だかはまってしまった鼻笛も、楽しい仲間たちと一緒に練習したい。現在は送迎の関係で参加できないが、部屋の環境も気がかりではある。
どこかへ出かけるには電車も使う。だが大丈夫だろうか。今は利用者が普段より少ないだろうから、返って安心かも知れないが。
映画館も休館となっている所もあるとか。また開いていてもきっとガラガラだろう。
世の中全て、おかしくなっている。

だから人の心もおかしくなりかけているような気がする。
普段より家にいる時間が長くなっているだけに、家族間のDVの被害も大きくなっていると聞く。
二次的被害と言ってもよいのかも知れない。
ただ一つだけ言えるのは科学の発達のおかげで、ICTの分野での価値が大いに活用されているようなのだ。
私のように満足に使えない者はどうなのかわからないが、子供たちは一応にして学んでいるので、ちゃんと使えると思う。
それが休講措置を取った後でも役立っているのだそうな。
またSNSで多くの人たちが自分の思いを率直に伝えている。もちろん良い点も悪い点もあるが、生かし方一つで何とでもなる。
実にすごい時代になったもんだ。
conkoばあばはすっかり乗り遅れている側であるが。
Date: 2020/03/29(日) No.1590


conkoの春♪おぼろ月夜Vol.28心温まる贈り物
今日は私の夫の誕生日。じいじがまた一つ年を取った。
十分に高齢者で、持病もある。新型コロナウイルスの犠牲とならないように、私は守ってあげたい。
なるべく人との接触をしないように努め、家にこもって好きなテレビをずっと見ていても文句は言わず、彼の努力をねぎらい、心身ともに健康であれと祈る。
私にできる事はこれだけしかない。
今朝、娘からもプレゼントが届いた。銘柄付きのウイスキーだった。
一日をのんびり過ごし、午後には食材を買いにスーパーへ行き、コロナに感染しないようにとビクビクしながら店内を回って帰宅した。
本当ならば素敵なレストランでハッピーバースデーのディナータイムを楽しみたかったが、コロナのせいで行けやしない。
だから今夜はたまに出前を注文する寿司屋に電話した。まあ、それでよい。
夕食が終わった頃、娘からラインで電話が入った。スマフォの画面いっぱいに娘と孫の顔を交互に見せてくれていたらしく、夫は照れくさそうにしゃべっていた。途中で私にも代わってくれて、私には音声だけのテレビ電話だったが、とてもうれしかった。
画面の向こうでは、ふざけてヘンな顔を作ってニヤニヤしている孫が映っていたそうだ。
朝から雨が降ったり止んだりで、雨だとコロナウイルスのパワーも弱るような気がして、妙にほっとしたり…。

こうして普段通りの生活を送る事がどれだけありがたいか、いまさらながら感じ入っている次第である。
人はいつもと違う状態を続けていくと、最初は頑張れても次第に疲れてきて、どうでもよくなってくるのだ。
今回の新型コロナウイルス感染予防で、いろいろと自粛だの中止だの、また延期だのと叫ばれているが、「○○してはいけないと言われると、パワーのある人ほど、その逆をやってしまいがちになるのだろう。
つまり、今回の爆発的な感染力に都知事が言葉にしたのは不要不急の事への外出は自粛するようにとの要請だった。
ならば問題なくそれに従う人は多いとは思うが、若い人達はそうはいかないと思う。
行くなと言われた公園には多くの若者たちが集まっているらしい。
彼らはきっと「自分は大丈夫」と思っているのだろう。また自分の友人や知人は大丈夫とも考えているのかも知れない。
そもそもそういう考え方が他の高齢者に感染させる危険を含むという事へはつなげられないのだろう。
メディアを通してさらに要請を強化しても、初めのうちは守る人は多いだろうが、長引けば長引くほど、緊張感は緩んでくる。ストレスフルとなり、気持ちが疲れてくるのだ。

ああ、せっかくの夫の誕生日なのに、明るい事だけを考えようと思ったのに、いつの間にかコロナウイルスについて書いてしまう。どうしても意識がそちらに行ってしまう。
一刻も早く“普段の生活”に戻して欲しい。
Date: 2020/03/28(土) No.1589

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
036242
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。