*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoのサマーギフト 第1便缶ビールセット  2020/07/01(水)
conkoのつぎはぎ傘屋さんVol.30とっても梅雨らしい一日  2020/06/30(火)
conkoのつぎはぎ傘屋さんVol.29どこでも味わうフラストレーション  2020/06/29(月)



conkoのサマーギフト 第1便缶ビールセット
ワーイ!今日から7月です。夏です!
本当ならワクワクして、私の好きな季節がやって来るのですが、今年はちょっと違って、気が重いです。
元旦からずっと不穏な空気が漂い、今や話題は新型コロナウイルス感染のものばかりとなっています。気をつけないといけないし、このウイルスにより、尊い命を落とした人たちも沢山います。
日本ではかなり少ない方ですが、西洋では大変な数です。
そう言った現実は、真摯に受け止めるべきですが、毎日のように話題となっていますし、意識にもしっかりと浸み込んでいますので、今月はあえて違う話題で固めていきたいと思っています。
ではでは、ついて来て下さいね!

今日は第1便として、缶ビールセットをご紹介します。
これは私の主人が現役で働いていた時、取引先からお中元でよくいただいたものです。
いただくものはメーカーは問いません。どれもうれしかったです。主人への贈り物なのに、私もしっかりと夕食の友としていました。
350mlが多く、500mlはほんの少しだけで、あとはジュースの缶などが入っていました。
この贈り物は主人の定年退職と共にパタッと来なくなりました。勤め先のご挨拶なんて、こんなものなのでしょうか。あれ以来、私たちは缶ビールは飲まずに、発泡酒と言うのですか?ちょっとお安い方。あれを買っては飲んでいます。主人だけ、本物のビールを大瓶で注文して配達してもらっています。
こう言ったデリバリーは助かりますが、生ビールのデリバリーがあるといいなとつくづく思います。
ビア樽で運んでうちのジョッキか大きめのボトルに分けてくれないかなあ。どこかの酒屋さん、これいいアイデアだと思いません??
えっ?もうすでにあるって?
Date: 2020/07/01(水) No.1818


conkoのつぎはぎ傘屋さんVol.30とっても梅雨らしい一日
ああ、今日で6月が終わりです。
半年間、丁寧に時間を過ごしてきたかったですが、皆さん共々、新型コロナウイルス感染騒ぎ一色の流れでしたね。皆さん、お変わりありませんか?

アジア地域はどうにか感染者や犠牲者の数は抑えられているようですが、西洋の国々ではどうしたらよいかわからないほどの数字となっています。
現在はまだ日本国内の県外からの往来がさほどない為、また世界じゅうでの航空機による移動も大量ではないので、感染者の移動もさほどは大きく広がっていません。
それが次第に生活を元に戻し始め、経済的な変化が出てくると、人はさらに動き、移動し、働き、遊ぶと思います。
つまりそれは何を意味するのか。
ウイルスの感染が拡大する恐れが大きいという事でしょう。

今日の雨同様、心の中もスッキリしません。
形の見えない不安が募ります。
あと半年。国内の感染数はどう変化していくでしょう。
何気ない普段の生活がどれだけ貴重なものだったのか、しっかりと思い知らされました。
早く普通に戻したい。合唱団の練習も不通にやっていきたい。パソコン勉強会も、以前のような活気を戻したい。家に来てもらう英会話の教室も不通に戻したい。対面朗読のミッションも早く普通に再開したい。
母と気持ちよく温泉に行きたい。学校へ行っては生徒たちと触れ合った、福祉実践教室もまた参加したい。

コロナのいけずはもういりません。でもそれを克服するには人の努力と工夫、そして忍耐に限るのでしょうか。
能力のある人にはその人に任せ、自分でできる事はしていく。それしかないですね。
明日からは7月が始まります。気分も新たにしていきたいのですが、どこまでそうさせてもらえるでしょうか。
夏のサマーギフトの季節です。
皆さん、何か希望はおありですか?
どうか私にリアクションをお授け下さい。期待しております。
Date: 2020/06/30(火) No.1817


conkoのつぎはぎ傘屋さんVol.29どこでも味わうフラストレーション
何かをやって満足感を得たり、達成感を得たりすると、人は幸せに思うものです。
毎日の小さな出来事や作業など、やり進んで行くうえでいろいろと感じるものです。
それと同時に、何をやっていても心が満たされないようなフラストレーションも感じたりします。
例えば今日、英会話のレッスンに参加したのですが、先月欠席した分を加えて2れっすん受けました。
初めは生徒が私を入れて4人。次は2人でした。
そこでもあるフラストレーションを感じました。
先生はそれぞれの生徒に「What's new today?」と、何かあった事を尋ねるのですが、何故だか私には訊かないのです。
たまたま私が一番に教室に入り、先生と会話を始めたので、いちいち訊かなくてもいいと思ったのでしょうか。いいえ、これは毎回レッスンの時でも同じです。
レッスンの形式として、私にもちゃんと聞いて欲しいのに。だから私も会話に加わろうと口をはさむのですが、先生はその生徒に話させたいのか、割り込みを許しません。
2レッスン目も同じでした。私もちゃんと月謝は支払っていますよ。
英会話のレッスンはネイティブの英語を聞く事はとても大切ですが、自分も話さないと、いつまで経っても英語は話せません。もっと流暢になりたくて通っているのに。
かつて、先生にも「もっと話をさせて下さい。」と申し出た事もあるくらいです。
でもなかなか…。私って嫌がられている生徒なのかしら。

また別の話で、美容院などで髪を整えてもらっている時、店のスタッフは他のお客さんとは自然に話しかけたりして、会話を適度に続けているのに、私の番になると、こちらから話しかけないとずっと黙っているのです。
なんでそうなるの?…と、時々淋しくなりますが、きっとこれは私はほっておいても勝手にしゃべってくるタイプだと思っているのかも知れません。
本当はそんなものではないんですよ。話しかけて欲しいのです。相手からの出方を待つ方だと自分では思っているのですが、どうなのでしょう。
ついひがみっぽくなってしまいます。
この私、皆さんにはどういうタイプに映っているのでしょう。
若い人ならともかく、いい年をしたばあさんが何を言ってるんだい?と笑われそうですが、私は自分が人にどう映っているかを気にしすぎかも知れません。
それだけ、自分に自信がないのです。だからつい確かめたくなるのでしょうね。

家にいても主人は「新聞!」「茶!」「風呂!」と単語しか言いません。
しっかりと文章で言って欲しいのに、きっとこれも私が単語を聞いただけですぐに反応して、いろいろと準備をしてしまうからかも知れません。

このように、いろいろな場面でフラストレーションを感じるのですが、これらはすべて、私が招いた事なのでしょうか。
私の悩みなんて、こんなものですが。でも欲求不満、フラストレーションはたまっていきます。
Date: 2020/06/29(月) No.1816

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
039724
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。