*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoのほかほかご飯Vol.9所詮消えるものだから  2019/11/09(土)
conkoのほかほかご飯Vol.8色を伝える難しさ  2019/11/08(金)
conkoのほかほかご飯Vol.7ふーっと深いため息…  2019/11/07(木)



conkoのほかほかご飯Vol.9所詮消えるものだから
必死になって、自転車で走り去っていく友人を追いかける私。ぜいぜい言いながら、車がびゅんびゅん走って行く道路を追い付こうと走り続けている私。
突然大きなトレーラーが近づいてきた。

何だか知らないが、私はどこかの学校のグラウンドにいた。
教師らしい人がいるので、ここはどこかと聞いたが応えてはくれなかった。
次の瞬間、私は今までに訪れた事がない場所にいるのがわかった。遠くにビルのネオンがいくつか見えていた。空は薄暗くなっている。

いつしか私はどこかの店のテーブルにいた。何かグラスに入っているものを飲んでいる。そばには誰かがすわっている。カウンターの向こうのマスターにセカンドを要求して私は持っているグラスを上に掲げた。
マスターは私の意味がわかったらしく大きくうなづいていた。
突然「アメージンググレース」のメロディーが聞こえてきた。
私の目覚まし時計の音だった。
何たるか、私は最近、布団に入ってから何度も細かく目を覚ますので、その度に全く違った、妙な夢を見るらしい。
それもほとんどが私は独りぼっちでどこかにいて、走り去って行く友人を追いかけたり、自分の家を探し回って、全く行った事がないような見知らぬ街に迷い込んだりしている。

こんなヘンテコリンな夢ばかり見ているという事は、日ごろの生活がよほど自信のない、不安な気持ちで暮らしているのかも知れない。
そのストレスが夢になって出てくるのだろうか。

だが、極めてたまにではあるが、寝覚めのよい、いい心地の夢を見る事もある。そんな時は一日中、気持ちがよい。
夢って、今までに会った事がないような有名人が友達のように傍にいたり、本当の自分ではできっこないような、車を運転していたりする。
自分の記憶の整理を脳がしているので、勝手に不思議なストーリーになってしまうのだ。
だからと言って、不思議すぎる。
所詮消えてしまうものだから、別に気にする必要はないのだが、何でこんな夢を見るのかという点が納得できない。
全盲だから現実の世界の風景は何も見えないが、睡眠中に見る夢は映像も色もちゃんとある。一方では音だけだったり、手で触れた感覚だけの夢を見る事もある。
睡眠中の私は昔に戻ったり、今の自分だったりで、もうメチャクチャである。
こんな話、今迄に何度もブログに書いてきたなア。
Date: 2019/11/09(土) No.1398

No.1399 きょこちゃん 2019/11/10/16:17:06
 またまた久しぶりのメールになってしまいました。毎日ブログ更新のconkoさんには本当に頭が下がります!
 
 今朝方、恐い怖い夢(話せば長〜くなるのでカット)を見て「どうか夢で!!」と願った瞬間に目覚めることができました。あ〜っ!疲れた〜。 そしてスマホに手を伸ばし、conkoさんのブログを見て『夢』の話題だったのでビックリしました!7時過ぎだったので、寝過ぎたせい?
それとも、イベントを終えたばかりなのに「今年も残り少なくなっている、各種行事も詰まっている…。」とやっぱり落ち着かない不安な日々だから見たコワイ夢でしょうか?!

 さて、先日(7日ブログ)の『皆さんは〜記憶は健在ですか?』の問いに「残念ながら日々記憶力は落ちていると実感しています。」とお答えします。間違いなく”忘却力”はアップしています。(イバってどうする?笑)
 ただ、何か失敗しても『あれくらいで済んで良かった♪』と比較的(かなり?)暢気なきょこなので、落込み度は低い方かも?「あれが認知症の初期症状だったのね」と振り返る日が訪れるのかも知れないけれど、なるべく『今日を大切に過ごしていけたらいいな♪』と思っています。

 たくさんの素敵な友人がいらして、たっぷりの愛情を注いでくださるご家族がいらして、幸せなconkoさんのブログを、これからも楽しみにしています。

No.1401 conko 2019/11/11/10:47:21
きょこちゃん、お早うございます。これを書いているのは11日の朝です。自分のブログを振り返って、表現がおかしければ直そうかなと思って、読んでいたらあなたのコメントを発見!
ワーイ!とばかりに読み進めていきました。似たような経験をされたのね。夢って本当に不思議です。
私は現実の暮らしでは一切の風景や色は見えません。唯一、眠っている時の夢にはしっかりと映像も、また色もついているんです。だからもっとハッピーな夢を見たいのに、こわーい夢をよく見ます。それが記憶となり、また夢に出てくるのかしらん。


conkoのほかほかご飯Vol.8色を伝える難しさ
このところよい天気が続いている。気温も朝夕はさすがに寒さを感じるようになった。
そんな中、今朝は8時に夫の車に乗り込んで母の家に行った。
三か月に一度の眼科病院の診察日なのだ。
昔は私独りでも通院ができ、その後は母と一緒に行った。
そして今の母は長時間歩けないので、夫の車で送ってもらっている。

いつ行ってもものすごい患者数で、予約制なのにすぐには診てもらえない。とは言え以前よりはかなり時間が短縮され、かつてはほぼ一日かかったのが今では半日で済む。
私の目の具合も完璧に見えないので、通院の必要もないとは思うが、視神経や角膜に異常が出ても困るので、定期検査はやはり必要だと思っている。もう40年以上も通っている為、医師や看護師たちも他人とは思えないほど顔見知りとなっている。
それに昨年から私が所属する合唱団のミニコンサートも実演させてもらっているので、縁は大切にしていきたい。

さて肝心な目の状態は相変わらず眼圧が高い。だがもはや医師は眼圧を下げる点滴を処方しなくなった。さほどの高価が出ない事がわかったからかも知れない。
医師のいる暗室から受付に戻り、膨大な量の目薬と飲み薬をもらって病院を出た。
その後私たちは昼食を摂るべくとあるショッピングモールに立ち寄った。
食事を済ませ、店内をぶらりとしてから私は誕生日にと母からTシャツを2枚も買ってもらった。ワーイ!!
母は私の、もう過ぎてしまった誕生日をずっと気にしてくれていたのだ。ありがとう!!
おかげで素敵なTシャツが手に入った。ただ母がしみじみと言った。
「目の見えない人に“色を説明する”のってけっこう難しいね」と。
その通りだろうな。私は気に入ったものが欲しかったので、デザインは手で触ればまあわかるので、色や柄をしっかりと聞きまくった。そうでなければ納得のいったものが買えないから。
生まれつき全盲の人は色に関する認識はない。だが、私は薄れていったとは言え、「色」の記憶はちゃんとある。例えば赤と聞けば、それなりの赤がイメージできる。
黄色や緑も。ただそれを微妙な表現で言い表そうとすると簡単ではないのだ。
人に何かを伝えるのはけっこう難しい。こちらの説明があちらにしっかりとコピーのように伝わるとは限らないから。

ああ、皆様にご迷惑をおかけしておりますねえ。すみませんです。
Date: 2019/11/08(金) No.1397


conkoのほかほかご飯Vol.7ふーっと深いため息…
どっと疲れが出た。ふーっと深いため息を何度ついた事か。

本日は午後からの対面朗読がキャンセルとなった。いつも来てくれる友人、かつ朗読ボラさんの都合が急に悪くなったからと、昨夜電話があった。
それで今日はずっと気になっている用件を片付けるべく年金事務所に行く事にした。
そこへ行くにはわが市にはないので、隣の市まで出向くしかない。

夫の車で連れて行ってもらい、けっこう走らせて到着した。
そして中に入ったらこれまた、けっこうな人が来ており、なかなか順番が回ってこなかった。
しばらくすると、スタッフが「予約の方の合間に入っていただく事になりますので、一時間以上はかかりますよ。一旦予約をされて改めて来られた方が、と思いますがどうされますか?」と丁寧に伺いを立ててくれた。
この、混雑した状況に驚いたと共に、このスタッフの気配りがうれしかった。
結局私たちは出直す事にした。
事務所までわざわざ連れて来てもらって、夫に申訳なかったが、あのまま待ち続けるのも、やはり申し訳ない。
それにスタッフが今度来られる時は…と、必要な物を具体的に教えてくれたので、“不足な物”に気づいた。だから今日は待ち続けても仕方がなかったのだ。余計にそのスタッフの声掛けがありがたかった。

即、家に戻り、必要な物を探した。だが出てこない。
あっちの引き出し、こっちのクリアケース、後は思いつくまま探し回ったが出てこない。
私にとって“大切な資料”も一旦手から離れて、また関わった日から離れると、もうただの紙となるだけなのだ。
何が書いてあるのかわからない。大切なものほど封筒に入れて、分けて整理してある。
それらの中から必要な物を探し出すのは困難極まりないのである。
夫に文字を読んでもらいたいが、一つくらいならどうにか読んでくれるが、複数ともなると、露骨に不快な声を出す。こういう時こそ点字が読めれば大丈夫なのにね。
封筒に点字で内容物を知らせておけば、それだけでもかなり楽に探せると思う。

夫は最近は目が見にくくなったのか、小さな文字を読む時は老眼鏡をかけて読んでいる。実に面倒だと思うが、私には必要な事なのだ。
結局、半ばノイローゼになりそうなくらい、ああだこうだと資料のありかをイメージしていた。そして再度、同じ場所を探した。イメージした封筒を触るまで。
…!すると、どうだ?出てきた!その封筒が!
ワーイ!と心の中で叫んだ私は、やっと安心感に満たされると思ったが、何の事か、それでも気持ちは重く、すっきりしなかった。
私は昔から、ひとたび不快指数が満タンになると、決まって後頭部が熱くなるのだ。圧迫感もあり、気分がすぐれなくなるのだ。
なぜそうなるのかわからないが、私のお決まりパターンである。
それがある以上、いつまでもすっきりしない。
実は気がかりな事が他にもあり、最近の私の記憶力の劣化に関与している。
思い込み、勘違い、記憶ミスでいくつかの失敗をしまくっているのだ。
どうしようもない、老化とテンねんの両方で、現状はひどくなってくるようだ。
一応、今夕までにはどうにか複数の解決を得られたので、ほっとしていいはずなのに。
だから、どっと疲れを感じて、ため息ばかりついているのだ。
ああ、何たるや、ついてない私である。これから先が思いやられるわい。

皆さんはいかがですか?記憶は健在ですか?
Date: 2019/11/07(木) No.1396

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
033417
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。