*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoのほかほかご飯Vol.18ハンバーグ談話  2019/11/18(月)
conkoのほかほかご飯Vol.17筝曲に魅了された日  2019/11/17(日)
conkoのほかほかご飯Vol.16母の買い物実情  2019/11/16(土)



conkoのほかほかご飯Vol.18ハンバーグ談話
我らじいじとばあばのお出かけと言えば、もっぱら食材を買いにショッピングモールへ行くくらいだ。
だが私は小さな抵抗として「ねえ、元気で動けるうちに旅行に行こうよ。フェリーで四国の松山あたりへ行って、道後温泉に入ろうよ。」と誘ってみた。
もちろん完全無視。
それで今日も相変わらずのモール通いである。これも連れて行ってもらえるのだから、ありがたい話ではあるが。

スーーパーの通路で夫の独り言が始まった。
「今夜は何にしようかな。」
私は彼に聞こえるように「鉄板焼きでもやろうよ。簡単だし。野菜たっぷりでさ。」と言ったのだが、彼は聞いていない。
と、突然「ハンバーグにしようか。それだって鉄板焼きになるじゃん。」と浮かれた声で話す夫。あ、ちゃんと聞いていたんだ。
ハンバーグ。つまり、それは私が作るという事なのだ。

不思議と昔からハンバーグは私の出番なのだった。
料理嫌いの私だが、なぜかハンバーグ作りは好きなのだ。
これは以前のブログにも書いた事だが、ボウルに入れた具材をコネコネするのが面白いので、しっかりと練られたハンバーグができる。
とは言え、もともと不器用な私の事だから、タマネギはみじん切りではなく、メチャクチャ切りとなり、ナツメグや塩コショウ、卵黄、隠し味に醤油、ヨーグルトに浸したパン粉、片栗粉。それらをしっかりと練る。手に伝わる感じが固くなりかけたらそろそろOKかな、あとは形を整える。
だが、味付けは手の間隔のみでやるものだから、作るたびに違ってくる。
使うミンチのせいもあるが、仕上がりがジューシーだったり、パサついたり、これも一定しない。いつも「イマイチだなあ。」と思う。

そんな私に夫からのリクエストが入ったので、「えーっ?」と思わず言ってしまった。
だが、「うん、いいよ。あとは野菜をいっぱい焼こうね。」と言い置いたのに、これも叶わなかった。楕円形に10個くらいはできたか、それを鉄板で焼き、ゆず味の醤油でさっぱりと食べた。野菜はキノコ類が一種のみ。
そしていつものようにウイスキーのハイボールを二人で楽しみ、食事を終えた。

「あれ?明日は病院で定期検査の日じゃないの?飲んでもよかったの?」と聞く私に夫は平気な様子でいた。
ねえ、そんなにヘッチャラで大丈夫ですかい?
血液検査で、ウイスキー漬けのハンバーグがばれたらどうするの?
Date: 2019/11/18(月) No.1409


conkoのほかほかご飯Vol.17筝曲に魅了された日
琴を習って30年以上という友人を誘って筝曲演奏会に出かけた。
彼女自身は、とある古民家を会場にした琴とお茶会の席で、仲間と三人で演奏会を済ませたばかりだった。だから、連日で疲れるから誘ってもいいのか、躊躇したが、難なくOKをくれたので、安心して、楽しみにして今日に臨んだ。

私は筝曲の演奏会を座して聴くという事自体、あまり経験がない。野点の席では一、二度あるが、ホールでの本格的なものは初めてかも知れない。

JRと地下鉄を乗り継いで、会場に向かったのだが、どうも道がわからない。
友人がたまたま、近くを自転車に乗っている人を見かけたので、尋ねてみた。その人、彼は最初はわからないと言っていたが、すぐに自身のスマフォで検索してくれた。
「これで調べてみますから、正しい会場名は?」と聞いてきた。
私はうろ覚えの名前を伝えたが、それでは出てこなかったようだ。友人と、ああだこうだと言っているうちにヒットし、場所を教えてくれた。
何と優しい人なのだろう。友人いわく、まだ若い男性で、イケメンだよ、と言っていた。

会場に着いたが、早すぎたのか、客らしき人は誰もいなかった。
「本当にこのビルでいいんだよね。」と、パンフレットも何もない、誘った私の記憶だけに頼っているので、不安だらけであった。
だが開場時間が近づくと結構、人の気配がしてきた。

いよいよ演奏会が始まり、ステージの緞帳が上がり、メイン奏者と門下生たちがずらりと並び、琴を奏で始めた。
私たちは全自由席の最前列に座り、それも友人の希望で斜め左から見る位置に着いた。
彼女は奏者たちの指の運びを見たいという。昨日、自分も発表したばかり。だから私とは見る、いや聴くポイントが違うのだろうな、と思った。
わたしは奏者たちの衣装も、ステージのデザインも見えない。完璧に「音」だけを追う他はない。
二人は聴き入った。感動した。
琴は十三絃が普通だが、今回は十七絃の琴も加わって奏でていた。
私は特にその十七絃の音に魅了された。まるでベースギターのような、また時には打楽器のような音にも聞こえた。絃を弾いたり、たたいたりして音に表情をつけているのだ。
とてつもない存在感のある音だった。
奏者も、後から聞いたのだが、細い体で、腕も細い人がものすごく力強い演奏を聴かせてくれたのだ。
裕に三時間は演奏は続いた。途中休憩が15分間おかれ、後半はまるでピアノ演奏会のような作品として奏でられ、衣装も和装から洋装の、豪華なドレスに変わり、門下生たちも入れ替わり立ち代わり、ステージを飾っていた。
ラストはこの会の師匠が作曲した「黒田節による幻想曲」で締めくくられた。
これも大変オリジナリティー豊富な作品だった。
第一曲目と同じく、門下生と特別出演の奏者とが一斉に奏でたのだ。
私はその世界に完全に浸りきった。
隣にずっと座っていた友人も「今日は本当に感動した。それに反省もしたわ。私のやっている事って何なのだろうって。」と感激した声で話していた。
たまたまゲットした情報で友人を誘って筝曲演奏会に出かけたのだが、本当にとてもよい体験ができた。耳のよい肥やしになったと思う。
帰途に就いた私たちはいつもの所まで友人に送ってもらい、後は白杖独歩で帰った。
ああ、いい日だった。明日はまた独歩の訓練が午前中に予定されている。
また、頑張るか。
Date: 2019/11/17(日) No.1408


conkoのほかほかご飯Vol.16母の買い物実情

人間は生きている以上、必ず何かを食べていかないと死んでしまう。
だから誰しも、老いも若きも買い物に、つまり食材の確保に出かける。
出かければ他にも必要な物が出てくるので、雑貨も買い足す。
となるとかなりの重量である。
買い物の頻度は人によって違う。週に一度、あるいは二度三度、あるいは毎日。

私の場合は夫の車で天気がどうあれ買い物に連れて行ってもらえるので、重さも関係なく買い込める。
ところが、85歳になる母は、転んでは後が大変だからと自転車も廃棄し、徒歩で買い物に行っている。
となると天気にも影響され、重さにも関わってくる。
かつてリウマチで肩や足を痛めた母は長距離が歩けなくなり、買い物も簡単ではなくなってきた。
だが、生きている以上食べていかないと死んでしまう。
大雨が続けば買い物にも出られない。かと言ってネットショッピングはできない。そういうアイテムを持っていないし、覚える気も、今更ないと言う。
ならば業者に頼み、食材を宅配してもらうかというと、それも気がすすまないらしい。
最近はとみに自分の体が弱って来た事を悟ったのか、週に三度、日に一回のお弁当を取っている。それを昼食として食べているそうだ。

私もなるべく買い物に行こうと、声をかけるようにしているが、夫に連れて行ってもらう為、あまり私だけの間隔では決められない。
それに母も自分で何でもやれる人だから、あまりおせっかいはできない。いや、してはいけないと思っている。
母の生活のリズムを壊してはいけないし、母の自尊心も壊してはいけないと思っている。

母よりも20歳も若い私は、全盲だからと言う理由で夫に頼り切っている。
もっと自立しないといけない事もわかっているが、根が甘えん坊なので、つい“楽”を選んでしまう。
とんでもないおバカさんだともわかっているが、つい…。

緊張して独りで何かをするよりも、誰かと一緒に楽しく時を過ごしたいので、そのやり方ばかりを望んでしまう。小さな子供と何ら変わりはないのだ!

母はある意味、甘え方を知らない人である。自分でもいつもそう言っている。
第一子の、長女として10年間を両親と共に暮らし、その後に弟が生まれたので、一人っ子の性分も持っている。結局は三人兄弟だが。兄弟と言っても弟と妹である。

母は自分の体の具合が悪い時でさえ、私に買い物を頼むのをためらっているのだ。迷惑かけてもいけないからと。
私としてははっきり言ってくれた方が動きやすいから、いつでも遠慮しないで言ってね、と伝えているのだが、母の性(さが)は変えられないね。
いっそストレートに「明日私たち買い物に行くから、一緒にどう?」と誘っている。もちろん、たまに。
そうすれば会うのも楽しみだし、一緒にランチもできる。車で行けば5分の場所に住んでいる母だが、私がぱっとは行けない(以前に白杖歩行訓練を受けたが)ので、近くにいてもなかなか会えないのだ。
だからせめて電話かメールで近況を伝えっこしている。
年齢が年齢だから、健康状態も気になるし、私が先にボケるかも知れないし…。
ああ、実に長く生き過ぎたなと思う。
母さん、いつまでも元気でいてね。ダンナさんもだよ。
Date: 2019/11/16(土) No.1407

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
033401
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。