*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoの「○○リスト」  2020/11/10(火)
conkoの「大統領選 決着はいつ?」  2020/11/07(土)
conkoの「家の電話機」  2020/11/06(金)



conkoの「○○リスト」
世の中何だか落ち着かない。新型コロナウイルス感染問題は良い方向へ行きつつあるのかと思えるような感じさえあった我が国も、何と第二波、第三波と言われるほど、あちこちでクラスターが発生している。
季節は秋本番となり、確実に冬へと向かいつつある。
寒さも厳しくなり、空気も乾燥するとなると、益々ウイルスは元気になってくるらしい。
元気がなくなるのはウイルス以外の人間である。
そんな中、せめても自分自身を元気づけようかと思い、「○○リスト」を考えてみようと思った。
ばかばかしい事かも知れないが、いっときでも楽しくなるかも知れない。
皆さん、どうぞお付き合いくださいませ。

☆conkoの楽しいと思える時リスト
・パソコンで過ごす時間、特にメールが沢山来た時
・ブログをアップして沢山のクリック数があった時
・鼻笛演奏をしている時
・友人と会っておしゃべりに花を咲かせている時
・コーラスの仲間たちと練習をしている時
・家族で一緒に食事をしている時


☆conkoのやってみたい事リスト
・太る事を一切気にしないで、甘いケーキを思い切り食べたい。
・白杖など持たなくて、どんどん大きなフットワークで歩いてみたい。
・インストラクター付きのスカイダイビングをやってみたい!眼圧が高い緑内障で全盲の 身であるから無茶だと言われた。
・鼻笛のリサイタルをピアノかギター伴奏で演奏してみたい。
・送迎のスタッフ付きで、会場を借りて英会話の教室をやりたい。子供向けに。
・主人とハワイで暮らしたい。主人は釣り三昧で、私はゆったりと。
・太くて短くてもいいから楽しく、濃い人生を送りたい。
・私よりも主人の方に長生きしてもらいたい。

こんな感じでまとまったが、つまりは欲深いばあばなのだ。
私はいつも自分自身を実物大でしか見ていないから、実態はそれ以上七日、それ以下なのかわからない。

皆さーん、是非ご自身の「○○リスト」を作ってみて下さい。
きっとご自身の新たな発見ができるかも知れません!
Date: 2020/11/10(火) No.1970


conkoの「大統領選 決着はいつ?」
世界中が見守っている米国大統領の選挙。
これほどまでの攻防戦は見た事がない。
両者は是が非でも当選したいという思いが強すぎて、強すぎて、強すぎて、こうなっているのかも知れない。
現在優位な候補者が当選したとしても、この先が大変だと思う。あらゆる政治的な運営が進めにくく、反対陣営に邪魔をされ、米国そのものが真っ二つに分かれてしまうかも知れない。

いずれにしてもこの決着如何が日本にも影響してくるのだろうから、知らん顔している訳には行かない。
かと言って、この私には眺めているしか何もできない。
そんなデッカイ話よりも、未だに目が痛い。そちらの方が私にとっての悩み事である。
さらに、昨日実施した白杖歩行訓練による疲れからか、足首の関節が痛む。
明日はコーラスの例会があるので、結構歩く事になるのだが。そんなちっぽけな事だけど、心配である。あちらの大統領が誰になろうと。
Date: 2020/11/07(土) No.1969


conkoの「家の電話機」
我が家の電話機について。呼び出し音は心地よいサウンドである。たまにテレビドラマの中から聞こえてくるそれと全く同じの時は、瞬間あせるが。

私のようなばあばは昔の有線電話もよく知っている。ご近所さんの状況もその電話機から聞こえてきたし、たまに通話中の人の話し声冴聞こえていた事もあった。時には便利で、すぐ近くに起きた火事の知らせを聞いたり、我が家の飼い犬が迷子になった時も、電話機からの情報で見つける事ができた。
あれから電話機も進化し、ダイヤル式のものからプッシュフォン式のものに移り、さらにハイテクニックな発達で、今やかなり便利なツールとなってきている。
電話機とファックスが一体になり、便利に使える。また電話機でコピーもできる。アドレスを登録さえしておけば、何かの勧誘電話は出なくても済む。…とは言え、うちの場合は登録していない。やり方が複雑で覚えきれないし、主人ははなからトライする気がない。
ちゃんと正しくやっておくと、電話がかかると「○○さんから電話」を何度も繰り返してくれる。ちゃんとやっておけば、とても便利なのだ。

家庭の電話を「家電」というらしいが、これは家電製品と勘違いしそうだ。

とにかく家の電話は便利にはなったが、使いにくい。
何故なら呼び出し音が四回で留守電に切り替わってしまうから。そう設定されているのだが。回数をもっと多くしたい場合は設定を変えればよいのだが、私にはそんな器用な事はできない。それに一番最初に電話の取り付けに来たスタッフがこう言った。
「呼び出し音の回数はもっと多くできますが、そうすると…」と何やら不都合が起きるような事を説明していた。
内容はすっかり忘れてしまった。だから呼び出し音は四回のままにしてある。そして最近は留守電に変わってからの相手の反応で誰からかを推測している。
例えば、留守電に変わってすぐに切る人は勧誘か何かだなと思い、母や友人で家の電話にかけて来る人だったらメッセージを残してくれる。だからそのメッセージを言っている間に「もしもし?ごめん。ナマの私だよ。」と慌てて言うようにしている。

だからいろいろとあって、私は正直、携帯の方に電話をして欲しいのだ。
友人や関係のある団体の人などにはそう伝えてあるのだが、たまに家の電話にかけてくる人もいるのだ。
携帯にかけてくれれば、登録してある人は「○○さんから電話」という言葉を繰り返すので、とても助かる。
登録していない人からかかれば、私は出ないようにしている。
何かのトラブルに巻き込まれたり、妙な塩梅になっても大変だから。
ただ一つ、困った事は、合唱団の入団者募集の窓口を私の携帯番号にしてあるので、もし入団希望の人から電話が入れば、私は絶対に出ないといけない。でもそれが相手が登録していない人なので、誰からかがわからない。=私はその電話には出ないのだ。
私は不器用で、物覚えもすこぶる悪い。だから携帯もスマフォではなく、ガラケイだ。
負け惜しみではないが、本当にガラケイで十分なのだ。同じ視覚障害者がスマフォを使いこなしているのを見ると、自分が情けないが、どうしようもない。
つい壊れてしまったらどうしよう!と考えてしまうのだ。そんな事は気にしないで、どんどん使い込んで楽しんでいる全盲の友人もいるのに。彼女は全く怖がっていない。大したものである。
他の視覚障害の友人たちも、きっちりと文明の利器を我が物にしているのだ。
私ときたら、家の電話に困り、スマフォには相手にしてもらえないし、頑固にガラケイでいい!と豪語しているのだ。

つくづく主人も私も家の電話などなくしてしまいたいと考えている。でも誰かがこう言っていた。
「家の電話はそのままにしておいた方がいいよ。市外局番から始まる固定電話がある家は信用度が違うらしい。」と。
そうなのかなあ。もっと合理的に考えてもいいのにねえ。
あるいは家の電話をなくすと、パソコンのネット関係で不都合でも出てくるのだろうか。
うちはWi-Fiでつながっているのだけど。
いずれにしても、家の電話はもう必要としていないのが現実である。
Date: 2020/11/06(金) No.1968

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
044709
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。