*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoのオクトーバーポエムVol.9こんな事になろうとは!  2019/10/09(水)
conkoのオクトーバーポエムVol.8その場の把握ができないもどかしさ  2019/10/08(火)
conkoのオクトーバーポエムVol.7なぜブログをアップさせるの?  2019/10/07(月)



conkoのオクトーバーポエムVol.9こんな事になろうとは!
もう10月に入ったというのに、未だ台風の心配をしなければならないなんて、季節の特色が少しずつずれてきているような気がする。
メディアでさんざん伝えている台風19号。
規模も最大なのか?聞くところによると、海の温度が年々上昇しているので、台風の規模もそれに合わせて巨大化していくと予想されるらしい。
全くいい事ないじゃないか。列島に雨をもたらすのは、生活の上でも、畑の野菜たちの為にもよいのだが、程度問題である。

この19号は週末から三連休にかけて大きな被害及ぼすと言っている。もう、私たち合唱団のメンバーはハラハラのし通しである。
なにしろ12日にある眼科病院でのミニコンサートが控えているのだ!!
それに向けて団員たちは練習に心身ともに打ち込み、「さあ本番だ!」と気持ちも最高潮となっていたのに、台風の進路を考えると、まず開催は不可能だろうという事になった。
病院のスタッフもそれを懸念し、日付を変更するよう勧めてきた。
我ら団員は視覚障害者も交えた高齢者ばかりである。無理をして怪我にでもつながったら大変である。
病院側はそれを一番に心配してくれた。

せっかく練習を積んできたのだから、本当は12日に本番を迎えたい。気持ちが乗っている時にやってしまいたい。
だがそれは無理な話とわかっている。
指導者と電話で話し合い、病院のスタッフともメールでやり取りをし、団員の何人かとも話を持った。
結局別な日に移行する事で決まった。
大事を取っ手の策である。
致し方ない。自然相手では勝ち目はないから。
明日になったら他のメンバーに連絡を入れて、移行される11月30日の都合はどうか、を聞きまくるつもりだ。
この日は病院側が第二候補として挙げてくれた日なので、みんなの都合を確かめる必要がある。
「もし都合が悪い団員が出たとしても、集まった人数だけでがんばろうよ。」と言ってくれた団員もいるし、「一か月また練習できるからもっと上手になって発表できるよ。」と言う声も聞こえた。
「楽しみが伸びるからいいじゃない。」とも誰かが言っていた。
電話の向こうの仲間たちはみんな力強いなとおもった。実にうれしい話である。

よし、こうなったら腹をくくって、来月に臨むぞ!!
12日を避けて別の日に移行した後、結果的に元の日が大した事なく、穏やかに過ぎていったとしたら、悔しい限りではあるが、今それを考えてもナンセンスである。やーめた。
みんなと同じことを悩み、ハラハラし、解決策を探っている事が大切なのだ。プロセスが大切なのである。
だからどういう形で出ようが、それは結果論に過ぎない。
二年前くらいにも同じような事があったが、それはそれ。これはこれだ。

病院の患者さんたちも一か月お預けとなってしまうけど、ヨロシクです。
楽しみに待っていて下さいね♪♪
Date: 2019/10/09(水) No.1366


conkoのオクトーバーポエムVol.8その場の把握ができないもどかしさ
本日は火曜日。長年通っているパソコン勉強会のある日だ。
いつも通りに送迎のボラさんの世話をもらって無事、家に着いた。そして、いつも通る、マンションの通路を歩いていたら“いつもとは違う状況”に出会い、瞬間その状況が把握できなかったので、気味が悪くなり、急いで家の玄関に入った。
そして玄関のカギをかけて、耳をそばだてて様子をうかがっていた。
そこへ出かけていた夫が戻ってきたのでカギを開け、「通路の様子に変わった事はなかった?」と聞こうと身構えていたら、彼の方から通路に起きている状況を話し始めたのだった。

具体的に書くのはやめておくが、その後にひと騒ぎ起きた。下手をすると人の命に係わる事となりかけたのだ。
結局無難には落ち着いたが、私はショックがまだ収まらなかった。なぜなら、あんなにも状況が把握できなかった自分に落ち込んでしまったのだ。
夫がすぐに帰ってきたのでその状況は大事には至らなかったが、もし私だけでずっと家にいたら…、と思うと怖くなった。
これ以上の説明ができないので申し訳ないが、読んでいる皆さんはやり切れない思いでいるかも知れない。ごめんなさい。

「こういう時に見えない目が恨めしい。何も役に立たないから。」と夫に不満を吐いた。
「できる事とできない事があるんだから気にするな。できない事を言うんじゃない。」といさめてくれた。
確かに何かが起きても目撃証言ができないつらさがある。
だがこれは全盲の身ゆえ、どうしようもない事なのだ。
今日のパソコン勉強会の部屋で、メンバーと「うちのマンションの通路を歩く時は、基本的に床と壁の二点突き歩行が正しいのだけど、何も置いてはいけない事になっているので壁をトントンしながら進んで行ってるんだ。」としゃべったばかりなのに、とんでもない現状となっていたのだ。30年以上ここで暮らしているが、全くの初の事である。
例え長年何もなかったとしても、“いつもと同じ状況”というのはあり得ないのかも知れない。今迄たまたま何もなかったにすぎないのだ、きっと。
そんな事を思い知らされた日だった。
Date: 2019/10/08(火) No.1364


conkoのオクトーバーポエムVol.7なぜブログをアップさせるの?
参り地conkoがせっせとアップしているブログも来年の1月でまるっと3年になる。
昨年の夏、一度だけ頓挫した事があったが、たった一週間後にまた書き始めたのだから、オソマツである。

自分自身で文字が手書きできた頃は、ノートやレポート用紙に日記を書いては取っておいたが、そうするほどの価値がない中身に気づき、思い切って捨てた。
ところが、たとえつまらない内容でもやはり文章を書く事が好きなのか、気づいたらいつの間にかまた書き始めていたのだ。
それが次第に目が見にくくなり、自分の手では文字が書けなくなってきた。そこで聞き知ったパソコン勉強会のドアを開け、今に至る。
数年が経ち、もう18年目を迎える今年に、つくづくパソコンで文字を書き、読む(正しくは聞く)事が自在にできるようになり、うれしくてたまらない。
平成29年の1月からブログの書き方やアップの仕方を教えてもらい、最初はどうしてよいのかわからななかったが、だんだんと面白くなり、毎日書くようになった。

日記として書きたいのならば、パソコンにそのファイルを作り、書き溜めておけばよい。だが私はそれをアップして誰かに読んでもらいたかったのだ。
理由はただそれだけ。
内容は単なる日常の、無名のばあさんが書く日記にすぎない。だからきっとつまらないものだと思う。
「わあ、面白い!また読んでみたい!」と思ってもらえるような内容が書ければ素敵だが、現実は程遠いものだ。
だがこりずに書き続けている。人の迷惑顧みず。

ある人が言っていた。「自分の日記なんかをよく人に見せるなと思う。気が知れない。」
有名な芸能人やスポーツ選手がブログやツイッターをアップさせれば、大多数のフォロワーがアクセスしてくると思う。
そこまでは期待しないが、私も無名で大した事も書けないくせに、フォロワー数を気にしてしまうのだ。
「そんなのどうでもいい事じゃない。」とも言われるが、欲が深いのだろう。
夫にはブログをアップさせている事は伝えていない。娘や孫、母や友人には伝えてあるし、読んで欲しいと言いまくっている。

その結果はブログの内容に比例している。
とても小さな数字が表示されているので、見るたびにガックリしている。ならば見なければいいのだ。
それに、私のフォロワー数を知っている人が「それだけあればいいじゃない。ありがたい事だよ。」と言っていた。
確かにそのとおりである。何度も言うが、無名で、単なる日記しか書けない私には過ぎた数字かも知れない。
ましてや私のブログは人名、地名、イベント名などを全てふせているから、読んでいると消化不良を起こしやすいかも知れない。
きっちりと明記した方が、納得して読んでもらえるかも知れない。
人名や地名、イベント名などがはっきりと明記された内容ならば、読者も乾燥やひらめきがはっきりできて、気分よく読み進めてもらえるかも知れない。
だが、変に誤解を招きたくないし、しっかりと明記すれば、内容や表現の仕方にも責任が出てくる。
私のように自己中心的な感覚のみで書き進めている文章は、それなりの色合いが出ていると思う。
私は自己顕示欲が強い人間なのだ。この言葉はよいイメージでは語られない。
だが、私はまんざら悪い事ではないと思うのだが。
自己顕示欲が強い人は、それだけ人と関わりたいという気持ちが強いのだ。一つの事を共感してもらいたい。また、「ああ、そうなんだ。」と知ってもらいたい。
そんな気持ちで書いてアップしている。明日もまた書き、アップするつもりだ。

どうぞ宜しくお付き合い願います!
もし感じる事があれば、コメントを送って下さい。それが楽しみでたまらないのです。
ではでは、ヨロシクです。
Date: 2019/10/07(月) No.1362

No.1363 きょこちゃん 2019/10/08/16:59:20
 ずいぶん久し振りの返信になってしまいました。毎朝、起き抜けに『この指とーまれ』にアクセスします。「今日こそはコメントしよう」と思いながら、パソコンを開く段になると他の作業に追われたり、明日へ明後日へと持ち越して…。

 さて、今日こそは!

 人間の欲求には『生理的欲求』『安全の欲求』『所属と愛の欲求』『承認欲求』『自己実現の欲求』とあるとか…。
 生理的欲求は、生存するための食欲・性欲・睡眠欲の三大欲。大切だけど、さらに上の『身の安全を守りたい』『他者と関わりたい』『自分を認めたい,他者から認められたい』『能力を発揮して創造的活動をしたい』と、高い欲求を持てるって本当に素晴らしいことだと思うのです。
 学生時代にそんなことを教わって、今回またネットで調べてみたら色々と書かれていました。
 なかなかconkoさんみたいに自分の言葉で表現できなくてもどかしいけど、言いたいことは「毎日楽しみにしていま〜す。これからも末永くアップし続けてくださいね〜!」ってこと。「自己顕示欲 GOOD!」

ではまた!

No.1365 conko 2019/10/08/23:02:42
きょこちゃんじゃないですか!!待ってましたよ!コメントをありがとう♪
人って何かをやりたいと思い、「時間があれば…」と思うのはさほど欲求度は高くないのでしょう。例えば私の場合、点字を触る訓練とか、iPhoneの勉強、部屋のお片付けなど。
いつも「いつかやろう」と思うだけで結局ちっともやっていません。
そのくせ、好きな事は例え忙しくても合間をみつけてはやっているから勝手なもんだね、と思います。この秋はやたらと忙しく、幸せいっぱいなのですが、ちょっと呼吸困難になりかけているかも。
ではでは、またいつか、きょこちゃんとおしゃべりしたいです。

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
033409
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。