*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoの「アタシのララバイ3月弥生」  2021/03/14(日)
conkoの「アタシのララバイ3月弥生」  2021/03/13(土)
conkoの「アタシのララバイ3月弥生」  2021/03/12(金)



conkoの「アタシのララバイ3月弥生」
アタシよ。何となく、だんだんと春めいてきた感じね。
日曜日だからかしら、出かける人の数もけっこう多かったらしいわね。
ほとんどコロナ感染への緊張感は薄らいでいるみたい。
と言ってるアタシも出かけた中に入るのだけど。
彼と車でちょっと遠くへ行ってみたの。春の日差しに誘われてね。
どこへ車を止めても、あまりの人の多さに驚いたわね。これでもなるべく人が集まらない場所を選んだのだけど、沢山いたわ。アタシたちもその中に入っているんだけど…。

みんな、そろそろ自粛疲れが出始めて、自分の知り合いにウイルスの陽性者がいないので、余計に油断してしまうのね、きっと。
でもメディアでは変異株が悪さをしてまた感染力を強めたウイルスが好き勝手に暴れ始めるのではないのかと言っているわね。

昨日の母からの電話で、こんな事も言ってたわ。
母は障害者の移動サポートのボランティアもやっているので、視覚障害者ばかりで構成されたコーラスグループのガイドヘルプを依頼されたんだって。
そのグループは晴眼者のサポートもいるのだけど、団員の移動までは請け負えないので、団員各自に任せているらしいの。母はある人から依頼を受けて会場までガイドをしたのだけど、練習中もずっとその場に詰めていたんだって。他のガイドボランティアはほとんどが送迎のみで、練習中は不在なんだって。
だから母は何かと雑用(いえ、必要なお手伝い)を頼まれるんだって。
集まった団員の人たちはとても楽しそうに練習し、おしゃべりもして、意気揚々と帰っていくらしいわ。
やはり誰もが人とのふれあいに飢えているのね。コロナ災いで昨年から満足に人と会えないものだから、心が淋しがっているのね。
アタシは仕事をしているからほぼ毎日家から出て、人と会っているけど、仕事を退職した人たちはなかなかそういうチャンスはないのかも知れないわね。
みんな、みんな大変な中で工夫したりして、自分の暮らし方を守っているのね、きっと。

あなたはどう?一日誰とも会ってないって事はない?ちゃんとお話してる?
Date: 2021/03/14(日) No.2133


conkoの「アタシのララバイ3月弥生」
アタシだけどさ、参っちゃったわ。母から電話があったんだけど、先日、オーストラリアのゴンタから赤ん坊の画像をオンラインで送ってもらった時の話でね、父があちらの家族には理解不能なパフォーマンスをやってくれたものだから、その後ゴンタが大変だったんだって。
「ちいちゃん、ちょっと聞いてよ。」と母のいつものセリフで電話がかかってきたの。
「パパがね、スマフォのオンラインで孫の太郎を見た時、あまりのうれしさから思わず、いないいないばあを目一杯、顔をスマフォにくっつけてやったらしいので、あちらの家族のリアクションが大変だったんだって。」と面白そうに言うの。
これはゴンタからもさんざん聞いているから想像できるけど、父ったらいつもそうなんだもの。自分の気持ちをぶつけ過ぎるのよ。相手がどう思うかなんて眼中にないみたい。
母の話はそれだけではなかったわ。
こんな感じだったの。

「パパったらねえ、昨日仕事から帰ってきたら夕食もそこそこに、すぐに釣りの準備をし始めて、今からイカの深夜釣りに行って来る。帰りは明朝の9時か10時くらいになるかも知れないって言ってそそくさと出て行ったのよ。」
「えーっ?いつもそうなの?」とアタシは半分呆れて聞き返したわ。
「それがね、コロナでろくに出かけていないでしょう?ストレスがはち切れそうだって、わめいてるの。だから何か憂さ晴らしにすればいいじゃない!と言ったものだから、パパは即、釣り船に電話したのよ。」
「へえ。それで?」
「でさ、出て行ったはいいけど、今朝ね、超不機嫌な顔で帰ってきたの。」
「釣れなかったの?」とアタシ。
「ボウズだったって。乗合船だったんだけど、誰も誇るような数は釣れなかったって。」
「そりゃあ不機嫌にもなるわよ。」とアタシは合いの手を入れたわ。でも釣れなかった事をなぜ“ボウズ”と言うのかしら。
「昨日やけに鼻歌ばかり歌っているパパによほどうれしいのね、と言ってやったわ。それが全く釣れなかったからとぶすっとした顔で帰ってくるんだから。ただ疲れただけだったって。」と母はため息交じりでボヤいていたわ。

結局父は「イカがいなくなった!イルカが全部食いやがって!」と毒ついていたって。
イルカは生きるためだけど、人間は趣味の為にイカを狙ってるんじゃない。
でも、イカのお刺身は美味しいものね。イカの天ぷらもいいわ。
ああ、結局アタシたちってこうなるのかしら。
人間は罪深いわね。

あなたは釣れたてのイカや魚はお好き?どういう料理がお気に入りですか?
Date: 2021/03/13(土) No.2130


conkoの「アタシのララバイ3月弥生」
アタシよ。今日は仕事を終えてからJR駅の近くにある美容院へ行ってきたの。
予約を入れておいたので、仕事をささっと片付けて立ち寄ったのだけど、ここは駅の近い商業ビルの一角に入っているお店なの。ドアも壁面も総ガラス仕立てになっているので、とても明るくて、内装もオシャレに仕立ててあるの。
総ガラス造りだからと言ってもちゃんと外を歩く人の目の高さにはすりガラスで素敵に目隠しされているのよ。
店内には心地よいBGMが流れているわね。
スタッフとの会話も心地よく、仕事疲れの体を和ませてくれるわ。
髪を整えてもらいながら会話も楽しめるし、雑誌もふんだんにあるので差し出されたものに目を通したりもできるわね。
また、スタッフと他のお客さんとの会話を聞くでもなく耳に任せていると、今日はこんな話が聞こえて来たの。

最近何となく、日本の世界での評判が下がっているらしくて、その原因は海外への商いが下手だからなんだって。
いわゆる強引さが日本人にはあまり見られないそうね。
気質的にも強く出るのが苦手で、つまり相手を重んじる事が日本人の美学だからなの?
相手を蹴落としてまで自分を押し通そうとはなかなかできないのが日本人なのかしら。
こういった点は他の国、例えば西洋にもなくて、アジアにもない、独特のものが日本にはあるらしいの。
他の国では普通にできる事が、日本人にはやりにくいという物もあるのかも知れないわ。
日本は世界に誇る先進国ではもうなくなってきたの?
他と何かを比べれば上がったのとか下がったのとか言えるけど、日本人そのものを見てみれば、優れた技術力とか、思いやりの気持ちが本当はほとんどの人が持っているという話なの。だから誇れるものはちゃんとあるのよ。

事世界が相手となるとどうしてもちっちゃくなってしまうのかしら。

ねえ、皆さんの「これぞ!」と誇れるものはなあに?
Date: 2021/03/12(金) No.2128

No.2129 長谷川義高 2021/03/13/15:09:20
久しぶり。ブログ拝見。cdせせらぎのご意見いつもありがとう。今月の私の小唄はいかがでしたか。86歳にしてはまずまずと自負しています。5月号にもでますので聞いてください、

No.2131 conko 2021/03/13/20:24:41
お父さん、コメントありがとう!!うれしいです♪
お父さんの久しぶりのおのどを聴かせていただき、相変わらず滑らかで色気のある声に気持ちが躍っていました。
5月もまた聴かせていただけるのですか?楽しみにしております。
conkoのブログへのご感想もお寄せくださいね。ではでは、お待ちしております!

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
047441
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。