*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


conkoの「アタシのララバイ3月弥生」  2021/03/26(金)
conkoの「アタシのララバイ3月弥生」  2021/03/25(木)
conkoの「アタシのララバイ3月弥生」  2021/03/24(水)



conkoの「アタシのララバイ3月弥生」
アタシ。今ね、気持ちが動揺したままで、とても落ち着かないの。
今日、仕事の帰りに乗った電車でひと騒ぎ合って、まだ心臓がバクバク言ってるわ。
みんなご存知の緊急事態宣言が解除されてからの街中の様子はメディアでさんざん流されているから想像はつくでしょ?
そう、どこもかしこもすごい人なの。電車内も同じで、けっこう密状態だったわね。
社内放送では何度も注意を呼びかけていたけど、中にはマスクを全くしていない人も何人かいたわね。あれって不思議な話で、一人だけマスクをしていないと、何となくその人も平気な顔をしているようで、内心は気になっているんじゃないかしら。
それで他人から注意されると「わかっている事をいちいち言うな!」と思うのかも知れないわね、きっと。
それで余計に腹が立って言い合いになったりするんじゃないかなあ。
正義感を燃やして、声をかけたくなるのもわかるけど、やはり相手は承知でマスクをしていないのだから、何かしらの注意を受けると、「はい、わかりました。すみません。」とは思わずに、「うるさいな。わかってるんだ。でもマスクはできないんだ。」と言い張るくらいでしょうね。
確かに人によってはできないケースもあるらしいの。でもあとはほとんどが“反発精神”じゃないかしら。でも自粛警察を任せられたと思う人は違った目でノーマスクの人たちを見ているのでしょうね。
思い余ったからか、はっきりとノーマスクの人に注意をしたら反発を受けて、そこからは言い合いになって、ノーマスクの人は相手の肩をこづいたの。
電車は走行中だったので、誰もが手を出せなくって見ているだけだったわ。
しばらくしたら誰かが呼びに行ったようで車掌さんがやって来たの。
それと同じくらいにすぐ近くの人が「やめて下さい!」と二人に割って入ったんだけど、ノーマスクの人はその人もこづいたのよ。
電車が丁度ひどく揺れたものだからこづかれた人はバランスをくずして転んでしまった。
もう、とんでもない状態になっていたわ。同じ車両にいたアタシは何もできなくて、ただ怖かっただけ。
車掌さんはすぐに次の駅に着きそうだったのでまた車掌室に戻って行ったけど、車内放送で「次の駅でしばらく停車を致します。」とアナウンスを入れて駅に着いた瞬間操縦席に連絡を入れて、ホームの駅員に伝えてからアタシたちの車両に戻ってきたの。
そしてノーマスクの人と転んだ人、言い合いで肩をこづかれた人を降ろして説明を駅員にしてからさっと車掌室に戻って電車を発車させたの。
そして車内放送で一応の説明をしてから次の駅の案内を始めたわ。

彼の一連の行動を見ていて、すごいなあと思ったわね。これぞプロフェッショナル!と。
電車をあまり遅らせてはいけないし、動揺している乗客を納得させないといけない。
ホント冷静で素早かったわ。
アタシたち乗っているお客たちはそこここでささやき合ってはいたけど、大きな騒動にはならなくてよかったと、ほとんどの人が思ったのじゃないかな。

さっきの駅で降ろされた人たちがあれからどうなったかは気になるけど、わかるはずもないし。ひょっとしたら明日のニュースで言うかも知れないわね。…どうかな?
ああ、でも怖かった。何もできない自分が情けないけど、何をしていいのかさっぱりわからなかったんだもの。
あまり様子を見過ぎてノーマスクの人と目が合っても嫌だしね。

皆さんは公の場で怖い目に合った事はある?自分は何ができた?
Date: 2021/03/26(金) No.2148


conkoの「アタシのララバイ3月弥生」
アタシよ。夕べ、ご飯の時にホットプレートを出して一人で食べたんだけど、ちっちゃなプレートを見ながらこれを誰かとつっつき合う時が来るかも…?と思ったの。
そうしたら急にじーんとしてきて、テーブルの上にいろいろなペアの食器を並べた場面を想像しちゃった。テーブルの向こうには彼がいて、一緒に食事をするのよ。わあ、何だかいい感じだわ。…なんて日が来るといいなあ。

アタシは大学に通っていた頃はアパートに住んでいたので、それほど広い部屋はなかったわ。キッチンもダイニングだけで大きなテーブルや食器棚は置けなかったの。
でもその頃から使っていた食器は今もちゃんとあるんだけど、どうにか二枚ずつは揃っているわね。それと、母からもらった五枚セットの大きめのお皿やお茶碗は押し入れの中に積まれたままになってるわ。

一人で暮らしていると、誰にも気を使わなくていいんだけど、ヤッパ淋しいと思う時もあるわね。
いつか結婚して家庭を作っていきたいな。子供も生まれたら可愛いだろうな。
千穂の子供たちを見ていると、育てるのって大変だなとも思うけど、楽しい事もいっぱいあるような気がするの。家族ってやはりいいものよね。

去年から突然付き合うようになった彼とは一緒にいたいと思ってる。
彼はどうなのかしら。
毎日会社で顔を合わせているし、今はお弁当を彼の分まで作ってるから、何となくこのままの気持ちが続きそうな感じがするわ。
今ってアタシたちの暮らしは結構自由がきくし、強制的な押し付けも少ないと思う。
だから何かと選べる時代なのかも知れないわね。でもその分自分の考えがしっかりできてないと、流されてしまうかも知れない。
母と父を見ていると幸せそうだし、いろいろとありそうだけど。ゴンタもソフィアと一緒で外国で暮らしているんだから、幸せなんだと思う。
幸せって自分で作っていくものだからね。誰かに作ってもらうものではないんじゃないかな。
ああ、アタシの将来はどうなっているんだろう。そんな事よりも早くコロナ災いが解決して欲しいわ。そうしたらみんながもっと幸せになれるものね!

ねえ、あなたの一番の幸せに思う事ってなあに?
Date: 2021/03/25(木) No.2147


conkoの「アタシのララバイ3月弥生」
アタシよ。今日は夕飯の時、久しぶりにホットプレートを使ったの。
アタシが使っているのは一番小さなサイズだと思うんだけど、これってとても便利なの。
帰りの電車の中なんかで「今日の夕ご飯は何にしようかな。」と考えたりするんだけど、特に思いつくものがない時や冷蔵庫にもあまり食材がない時なんか、とても助かるの。
今日はお好み焼きでもやろうかと思って。キャベツやお肉はあるから、あとは適当に具材があればもうバッチリよ。どうせ一人分だけなんだし。ふっ。
プレートの真ん中にでっかくお好み焼きのドウを流し込んで、周りの空いた場所にはナスの輪切りを並べたの。今日はこれでいいかって思ったわ。
焼けたらポン酢でさっぱりと食べるの。後は缶ビールね。オヤジっぽいって?

アタシがまだ子供の頃は母たちとゴンタ、それに祖父母たちもいたからホットプレートはものすごく大きなものだったわ。どうだろう、サイズは最高のものかしら。何しろそれを食卓に置くと、テーブルがほぼ埋まってしまう程だったから。
アタシのうちではテーブルは6人がけのものだったんだけど、それでもプレートの周りには取り皿を置くくらいでいっぱいだったわね。そんな記憶しかないわ。でも家族でお好み焼きを作る時は他におかずはいらなかったから、テーブル上もシンプルだったわね。後は母や父たちが飲むビールのグラスが置いてあるくらいだったものね。シンプルだったけど、十分に満たされたなあ。みんなでなんだかんだと言いながら、食べるのって最高よね。今みたいに人と一緒に食べてもなるべく「黙食」を守るようにって言われているでしょ?あれは辛いわね。
コロナウイルスのせいでアタシたちが不通に過ごせた幸せがどんどん壊されていくのね。たまらないわ。
今日みたいに一人でホットプレートでお好み焼きを作って食べるのも、合理的でいいけど、何か満たされないわね、ヤッパ。
コロナ災いの中でいろいろと我慢が続くと、普通に暮らせた頃がとても宝のように思うのだけど、これってアタシだけかな。きっとみんなそうよね。

あなたもどう?早くコロナ以前の暮らしに戻りたくない?
Date: 2021/03/24(水) No.2146

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
047445
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。