*--ありんこDiary  たなばたのつぶやき--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。



咲くの?  2023/02/16(木)
もしかしたら変われるのかもしれない  2023/02/13(月)
オッケー, グーグル?  2023/02/12(日)
たまには読書  2023/02/10(金)


咲くの?

こんばんは、たなばたです。

昨年の秋に蒔いた花の種が芽を出しました。
なんの花だったか忘れるほど諦めていたけれど、咲いたら嬉しいなあ。
専用の土だから雑草ではないと思うけど…

画像は、小さな、小さな、芽がよっつ。
たなばたの部屋で育てています。
咲いたらご報告します。
Date: 2023/02/16(木) No.707

もしかしたら変われるのかもしれない
こんばんは、たなばたです。

詩吟の先生が変わり、私は今日はじめて指導を受けました。

ビシバシ指導を受けて帰り際、
先生に「ついてくるのは大変だろうけど頑張って」と声をかけていただきました。
母がかなり上達したのには気付いていましたが、自分がここまで遅れを取っているのは、これまで気が付きませんでした。

もうそれは仕方ない。
教室に通って6年目になるので、だいぶ恥ずかしいことですが基礎からやり直しです。
今の私には、確実に基本が必要なのです。

そして、
「頑張って」と言ってもらえたなら、返事は「頑張ります!」の一択しかないでしょう。

Date: 2023/02/13(月) No.704

No.706 たなばた 2023/02/13/20:40:42
ちなみにここの背景は今、ファンシーな印象になっています。
フリー素材なのですが、どこかバレンタインちっくで、チョコやケーキ、バラやダイヤなどがピンクとブラウンで描かれています。

オッケー, グーグル?
こんばんは、たなばたです。

またきみちゃんが抱卵をしています。
人から産卵を抑えるアドバイスを受けて実行しても、まだ2才の彼女にはそれ以上のエネルギーがあるようです。

たまご詰まりだけ心配していると、抱卵中のきみちゃんの鳴き声。
ギャッギャッと言うのでどこかに足でも引っ掛けたかとケージを覗くと、今回4個目になる卵を産もうとしていました。
でもなかなかコトリ、と落ちません(駄洒落じゃないです。

まさか難産かと思い、たまご詰まりは避けたいと「きみちゃん、頑張って!」と繰り返し呼び掛けました。
きみちゃん頑張って!きみちゃん頑張って!

そうしていると、Googleアシスタントが「嬉しいです!」と話し出しました。
おそらく動揺している私は、偶然にスマホのホームキーに手を置いたのでしょう。
こちらの彼女は、自分が励まされていると思ったのです。
呆気にとられているうちに、卵は生まれ落ちていました。
Date: 2023/02/12(日) No.700

No.701 へなちょこ 2023/02/12/23:03:34
コントかい!吹き出しちゃったい。

No.702 たなばた 2023/02/13/20:07:34
画伯さん、こんばんは。
不思議なことがあるなと思います。
人と小鳥とAIの狂宴です。
いや、きみちゃんは何も問題ないのでした。

No.703 へなちょこ 2023/02/13/20:09:40
アヒルさんやけど、こんな動画ありました。


転載Byへなちょこ

No.705 たなばた 2023/02/13/20:26:15
ああ、きみちゃんも大体こんな感じです。

たまには読書
こんばんは、たなばたです。

このごろ柳美里(ゆう みり)の「水辺のゆりかご」を読んでいます。
柳美里はご存じのかた結構おられるのではないでしょうか?
20年ほど前に話題になっていたと思います。

高校生だったころ、学級文庫に置く本の選出者に選ばれたことがありました。
そのとき仲良くしていた女の子が読書家だったからです。
寮生だったから、2人で久し振りの街の書店、に入りました。
その時はクリスマスシーズンで、イルミネーションが綺麗でした。

私は「水辺のゆりかご」を選びました。
他は覚えていません。
読書家の女の子は、カゴにどっさり本を入れていました。
けれど高校時代、選んだその本を読むことはありませんでした。

今さら読んでどうなるのか。
とうに流行りの過ぎた本というだけではないのか。
はじめは世界観に馴染めませんでしたが、主人公である作者が成長するに従い、あまり悩まず読めるようになってきました。
でも高校生のときに読んでいたら?
結局あのときは江國香織(えくに かおり)や山田詠美(やまだ えいみ)の作品を読んでいました。
彼女らの作品から、幻のような現実やフィクションを見させて貰えました。

ただ、前も書いたかもしれませんが、大事に本棚にとってあるのは嵐山光三郎(あらしやま こうざぶろう)著「文人悪食(ぶんじんあくじき)」。
昔の文豪たちの美食に偏食にと盛りだくさんです。
久し振りに開いてみようか。
でも開いたとき、かび臭かったらヤだなあ。。
Date: 2023/02/10(金) No.699

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
014160
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。