*--ありんこDiary  たなばたのつぶやき--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。



もう、もう!  2023/03/13(月)
暮らしと笑顔  2023/03/12(日)
たなばたの衝撃  2023/03/06(月)
私は雰囲気は好きなのだけどなあ  2023/03/06(月)


もう、もう!
こんばんは、たなばたです。

もう、ほんと恥ずかしい。
愛読書の作者さんが亡くなられたと勘違いしました。
人違いです。ご健在です。
Date: 2023/03/13(月) No.743

暮らしと笑顔
こんばんは、たなばたです。

昨日は気持ちがまとまらず書けなかったのですが、一昨日の夜に、被災地でボランティアをされた復元納棺師の女性のドキュメンタリーをテレビで見ました。
ご遺体の損傷が大きい場合に、ご遺族の依頼でそのかたが生前の姿に近づくよう技術を使う仕事をされるかたです。

津波の被害が大きかった地震です。
あるとき彼女は、幼い女の子の顔や髪についた砂を丁寧にほぐして落としました。
一時間をかけてシャンプーをすると、幼いお子さん特有のやわらかな髪に戻った、とのことでした。
私は、自分の隣に、紅潮したほっぺの女の子が微笑む姿を思い浮かべました。
Date: 2023/03/12(日) No.741

たなばたの衝撃
気をつけていましたが、花のふたばをきみちゃんにぜんぶ食べられました。
おなか大丈夫?
Date: 2023/03/06(月) No.739

私は雰囲気は好きなのだけどなあ
おはようございます、たなばたです。

朝からこのお話するのはナンですが、たなばたお酒を飲むと調子がわるくなります。
お酒に耐性を付けようと軽く晩酌していましたが飲むのをやめ、一週間が経ちました。
その間、通院もあり、その旨を医師に伝えました。

その医師には私が詩吟教室に通っていることを話しており、そのかた自身も民謡をされていると聞いていました。
詩吟にお酒は程々に、という歌はないのかね?と聞かれ、思い出したのは前にも書いた名槍日本号。
民謡の黒田武士から派生した漢詩です。

たなばた:
酒はのめのめ、のむならば…
のみ取るほどにのむならば…
あ、これは民謡でしたわ。あっはっはっ。

当然、怒られました。
民謡も詩吟のほうもウワバミ歌です。
Date: 2023/03/06(月) No.736

No.737 へなちょこ 2023/03/06/09:36:21
私も寝る前にコップ一杯だけ果実酒飲むのが常だったけど、
最近これが甘酒に代わった。お腹の調子が良くなった。酔わないし。肌キレイになるし、日本の発酵食品は素晴らしいねぇ。

No.738 たなばた 2023/03/06/19:02:47
画伯さん、こんばんは。
甘酒がお好きでしたか。
納豆や味噌の乳酸菌も、日本人のお腹に合っていて良いそうですよ。
というのは、私は甘酒が苦手なのです(汗

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
014156
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。