*--ありんこDiary--*

ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


安城の医院へ通院:コロナ禍の旅行気分  2021/04/10(土)
nonukus-jp:633] 【NPO法人原子力資料情報室声明】 東日本大震災から十年、 あらためて、原子力発電の正当性を問う  2021/03/12(金)
今日朝からの自分の動き  2021/03/09(火)
テスト;遅まきの年賀  2021/01/20(水)



安城の医院へ通院:コロナ禍の旅行気分
昨日、妻のために安城の山下内科医院へ、コロナを十分気にしながら
付き添った。

変異ウイルスによるコロナが、愛知県下でも大流行の兆しが日増しに大きくなる中、恐る恐るの通院を決意せざるをなかった。この半年電

話診療で薬だけ送ってもらい、診療・薬代が未納になっていたので、このままではいけないので、一度訪れなくてはいけないと気になって

しょうがなかったのである。
一日がかりの日帰り旅行をしたもんだ!!
Date: 2021/04/10(土) No.241


nonukus-jp:633] 【NPO法人原子力資料情報室声明】 東日本大震災から十年、 あらためて、原子力発電の正当性を問う
この声明は、
nonukus-jp:633] 【NPO法人原子力資料情報室声明】 東日本大震災から十年、 あらためて、原子力発電の正当性を問う
を転写し送信しているものです。・・・
ご容赦願います。

https://cnic.jp/3844
原子力資料情報室声明】東日本大震災から十年、 あらためて、原子力発電の正当性を問う
2021/03/10 プレスリリース地震福島原発
東日本大震災から十年、あらためて、原子力発電の正当性を問う
2021年3月10日

NPO法人 原子力資料情報室

10年前の3月11日、午後7時3分に発せられた「原子力緊急事態宣言」は未だ解除されない。そのうえ現在は、新型コロナウイルスのパンデミックによる「緊急事態宣言」のもとにある。

行方不明者を含めて2万2千名にのぼる死者の方々、いまも苦難を強いられている被災した方々、また、住みなれたふるさとを離れて避難せざるを得なかった方々に思いを馳せるとき、原子力発電の罪深さを思わないわけにはいかない。

あの大震災の悲惨さは、巨大な地震と大津波に加えて、東京電力福島第一原発の3基の爆発が広範な放射能被害を引き起こしたことにある。「明るい未来のエネルギー」と子どもたちにも信じ込ませた原子力発電というシステムが、底知れない災厄をもたらしたのだ。

まず確認しておきたい。東京電力福島第一原発事故は何が原因で、どのように起こり、事故が進展し、諸機器が損傷し、爆発はどこでどのように起こったか、全貌は解明されていない。国会事故調報告をはじめ、5つの事故報告書、その後の新潟県技術委員会による7年余にわたる検討でも、数多くの不明事項が残った。最近の原子力規制委員会による事故分析の中間報告では、新たな謎も加わった。原発事故の複雑さが原発の恐ろしさを教えている。

そして、東京電力はこの事故のあと始末を成し遂げることができるか、大いに疑問だ。福島第一、第二あわせて全10基の原発を廃炉にすると決めたが、いつまでに、どのようにかを示すことができない。とくに、メルトダウンした第一原発の1、2、3号機の廃炉工程と廃炉の内容とを決めることはできないままだ。経験したことがない実験の連続である。うまくゆく保証はない。現場の放射線レベルが高く、検証も作業も困難を極めている。いまも建屋から大気中に放出されている放射能は、毎時2.4万ベクレルもある。

融け落ちた燃料デブリを取り出すことは不可能であろう。チェルノブイリにならって、百年単位で放射能の減衰を待つほかはない状況である。敷地内に溜まっている大量の放射能汚染水を薄めて海に放出するならば、取り返すことができない環境汚染を引き起こす。オリンピックを招くために「コントロールされている」と前首相が断言したが、まったくの虚言である。地上保管し、放射能の減衰を待つ実際的な方法が提案されているが、国は検討しようとはしない。

かつて原子力発電は、「安価で」「クリーンで」「安全だ」とうたわれたが、間違っていた。本当は、最も「高価な」発電方法であり、「汚くて」、「危険である」ことが判明した。

もはや、原子力への期待はない。信頼も失われた。しかし閉じた政官財学の原子力業界で議論している限り、いつまでも現状にしがみつこうとするだろう。事故から10年、いつまでもこのような状況を続けているわけにはいかない。国民的な議論を始めなければならない時だ。

以上

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。

ご支援のお願い
入会申し込み・会員資料請求
ご寄附
この記事を印刷する

カテゴリ「プレスリリース」内の前後の記事
福島第一原発事故の放射能はどこから放出されたのか ―事故分析検討会「調査・分析に係る中間取りまとめ(案)」 から見えてくること―
関連記事
2020/10/06
3/10 CNIC45周年記念・オンライン連続講座
2017/06/07
日印原子力協力協定 参議院可決抗議声明
2017/03/11
日印原子力協定を承認・批准しないことを求める請願署名募集中
2014/03/31
原子力資料情報室声明:東京電力、福島第一廃炉推進カンパニー発足、 汚染水対策の展望を問う
2007/03/28
原子力委員会政策評価部会の意見募集:平和利用の担保について
Date: 2021/03/12(金) No.240


今日朝からの自分の動き
5.00時 少し前に起床 昨夜は2.00時間ごとにトイレでおきる
       最後は珍しく3.00時間の間が取れていた。
    歯磨き・・洗顔後2.00時間まり
     ラジオ体操・ストレッチ・マッサージ

7.00時 散歩に出発と思ったが、生ごみ・資源ごみに気が付き・・・
    先に生ごみを捨てた後・・新聞を資源ごみに出すべく取りま
    とめ・・この作業の前に炊飯器に洗米をいれスイッチオン

8.00時 資源ごみを出し帰宅後カーテンを開け・寝具を畳む・・・
    家内の朝食の準備をサポートしながら食事・・テレビも垣        
    間見る

11.00時 ありんこ勉強会に出かける。
     勉強会前に家内と喫茶店にいった後ありんこに赴く
 
12.15時 勉強会参加
     目の治療について一息談義・・・その後ありんこブログ
     に投稿のキイーをたたく(ありんこブログを見てちょ)


Date: 2021/03/09(火) No.238

No.239 conko 2021/03/10/09:49:18
やっさん、お早うございます!ブログを読ませていただきましたよ!
規則正しい生活ぶりがうかがえました。
奥様とほほえましい過ごされ方も素敵です。
このままずっとお元気で仲睦まじく、お暮しいただけますように!!
やっさん、conkoのブログにもコメントヨロシクです。ぜひ、お待ちしておりますね!


テスト;遅まきの年賀
ありんこアルバムに投稿した年賀を、このブログにテスト投稿します。
あしからず、ご容赦願います。!?


http://arinko138.sakura.ne.jp/album/sm_albums/sm_albums/11_30_1.jpg
Date: 2021/01/20(水) No.236

No.237 へなちょこ画伯 2021/01/20/21:40:06
ちやんと出ますね。一個、技を覚えられましたね。

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
014566
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。