--ありんこDiary--Mocaのスピン・オフ


ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


木版画その1−下絵から彫りまで  2017/01/29(日)
すくすくと育ったのは?  2017/01/27(金)
時を忘れるほどに  2017/01/22(日)
わーぃ!!ゆきだぁー雪  2017/01/15(日)
身も心も縮んだ日  2017/01/14(土)


木版画その1−下絵から彫りまで


木版画の下絵と転写および彫りの工程(その1)

木版画とは?の説明のため、簡単な作品を選びました。この作品は、教室に通いだした頃のもので既に版木など廃棄しているため、画像を探すのに手間どっちゃいましたね。

1.下絵から彫りまで
曼殊沙華(別名彼岸花)で作成過程を説明します。

ー分の表したいものを下絵に描き(画像上左)
△修硫竺┐鬟肇譟璽轡鵐哀據璽僉爾房未啓茲蠅泙后、
トレーシングペーパーを裏返し、版木との間にカーボン紙を挟んで転写します。(画像上中左)
*何故裏返しするのか?彩色して和紙に摺りとると下絵とは逆の絵になるからです。
つ刻刀(種類は主に丸刀・三角刀・平刀・切り出刀など)を使い分けながら、彫り進めます。
タГ僚鼎覆蕕覆い茲Δ烹盈悗硫屬硲歌悗硫屬糧婆擇鯤僂┐討い泙后(画像上中右と左)

ご理解いただくには、どうしても画像が入りますので、視覚障がいの方には想像を逞しくして読んで下さい。

画像枚数に関係で、3回に分けてのUPとなります。
次は、彫りの完成した版木と摺り重ねの過程です。
Date: 2017/01/29(日) No.24

No.25 こばちゃん 2017/01/29/21:27:47
木版画の行程 有難う これは根気のいる仕事ですね。無ちゅうになると
お犬様の散歩も疎かになりませんか これは実際に施工している所を

見学に行きたいプロの御手並み拝見それこそ作業着をべたべたにして
奥様に叱られないですか 心配します でもよい趣味をお持ちで私も

負けじと鑑賞菊をこれも手間がかかります。良き作品ができましたら
拝見 させてください。

すくすくと育ったのは?

私ち、いつも寝床にいるんですわよ。

この頃は、「寒いねエね!」が朝のご挨拶になっている私ちのお城ですね。
本当に、「こんなに寒いとは・・」ですね。
菜園の野菜でも、寒さに弱ったのもあれば、負けずにすくすく育ったのも有りでいろいろですわ。

地中に育つ蕪は少々弱っていましたが、地上の野菜は元気ですね。
ブロッコリーに(画像上左)、カリフラワーに(画像上中)、キャベツに(画像上中右)と。
軟弱な私ちは、いつもお床の中でスヤスヤですわょ。(画像上右)

私ちの頭脳より大きく育ち家計の足しになる事請け合いです。
私ちのお食事タイムで、おすそ分けがあると期待しちゃいますわよ。

殿サマは、こばちゃんやきくちんさんのコメントに応えるべく画像探しで悪戦苦闘・・
あと数日待ってて下さいませ〜
Date: 2017/01/27(金) No.23

時を忘れるほどに

この時期、Mocaの額ほどしかない菜園では、根菜類が寒波にもめげずすくすく育っているのもあれば、少々亀裂が入ったのもありで千差万別。

一番の被害が、蕪ですかね。
さっそく見た目の綺麗なカブを題材(画像上中)にして作品作りをすることに・・

グループ仲間での交換サイズの太子版(135×190mm)の小品です。
版木にトレースし、削り、摺りの工程を経て完成。
赤かぶ(画像上左)と白かぶ(画像上右)の2種類を作成してみました。
因みに、図柄は、斜め下から見た1ヶの蕪の茎・根と葉です。
因みに、両作品とも同じ版木を使い配色を変えています。(4 版 6色)
因みに、装飾の額も手作りの物です。

「面倒くさいこと良くやるね」とよく言われるけど、心に負う「○怒哀○」を一瞬なりとも忘れさせてくれる良薬なんですね。

Date: 2017/01/22(日) No.17

No.18 きくちん 2017/01/23/09:57:02
左の絵の配色が好き。

No.19 Coo 2017/01/23/17:26:35
ありがとうございます。
思うような立定感が出てこないので苦慮しています。そこの所が、アマチュアから脱皮できない由縁でもあるんでしょうが・・

No.20 こばちゃん 2017/01/23/21:33:25
 額縁迄 こしらえるなんて 凄いですね。
アマチュアではない。彫刻.版木 のわからない?です。。

No.21 Coo 2017/01/24/10:09:46
こばちゃん、簡単に言えば、木版画は木製の板に絵柄を写し、主に彫刻刀で溝を彫り凸凹をつけ、色をつけて和紙に写し取る技法です。
近々、版図と彩色の流れをこのBlogで載せてみます。それまでお待ちを。

No.22 きくちん 2017/01/24/14:44:26
そりゃ楽しみ

わーぃ!!ゆきだぁー雪
今冬一番の寒気が入り込み、雪が舞い降りお城の景色が一変しましたね。こんな朝は、陽だまりの縁側でのんびりと・・白いお庭を眺めているのが一番の楽しみですかね。(画像左)


そんな思いを断ち切る一言が・・「Mocaちゃん 散歩に行くよー」ですって。



私ちだって一応お犬さまですから、くるぶしまで埋まる雪の中寒さも忘れて飛び跳ね・・駆け巡りましたわょ。(画像上)

デッキに上がって見れば、膝の上まで雪がびっしりとまとわりついていましたね。白足袋を履いたみたいに。(画像下)



だけど、やっぱり寒いぃー。
Date: 2017/01/15(日) No.14

No.15 きくちん 2017/01/15/21:36:19
Mocaちゃん、足さむそー。犬はブーツ履けないから可哀想だね。

No.16 Coo 2017/01/16/09:18:21
きくちんさん お立寄り有難うです。
室内犬は、品種改良でめっきり寒さに弱くなって、この時期いつも暖かい所を選んでは、行ったり来たりしてますわ。
ありんこblogにも、もっともっっと多くの 参加者で行ったり来たりできれば良いのにね 。

身も心も縮んだ日
私ち、この寒さに身も心も縮んでしまいましたわょ。

6日の小寒で「寒の入り」20日の大寒に向けて寒さが一段と厳しくなる予報ですね。
やっぱり、今朝は雪模様。王女サマは、早めにお出かけになりましたわょ。希望の進学校に進むには、今日から始まった「センター試験」が避けられない関門ですから・・
私ちMocaはおイヌなのに、めっきり寒さに弱いのでストーブの前から離れることが出来ませ−ん。(画像左上)

お城の中は、八重の山茶花が淡い紅色(画像下)で楽しませてくれましたが、今日の雪をかぶって枯れかかってきましたねぇ−。


この時期から出し始める寒中見舞い状が舞い込みました。ふる里の友の永眠の知らせ。
同世代、なんとなく身につまされるものがありましたね。

心を癒すように、水仙がちらほら咲きだしましたわょ。(画像下)





Date: 2017/01/14(土) No.10

No.11 こばちゃん 2017/01/14/14:58:18
 山茶花 綺麗だね カメラマンの腕が良いから
花も 満足している事でしょう

No.12 Coo 2017/01/14/19:45:46
こばちゃん、ありがとさーんです。
ブログは、始めると結構おもしろいでしょう?文字色も色々変えて、チャレンジ意欲は、すごいですね。

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
008709
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。