--ありんこDiary--Mocaのスピン・オフ


ICT機器活用サークル「ありんこ」のメンバーブログです。
閲覧はどなたでも出来ます。


偶には真剣に  2017/05/26(金)
花は🎶―花は🎶―花は咲くー🎶・・  2017/05/11(木)
ふる里の祭り  2017/05/05(金)
花は咲く  2017/05/01(月)
にはちがじゅう  2017/04/16(日)


偶には真剣に


ありんこ春のバス旅行は、お天気に恵まれ楽しく過ごされたようですね。
あまりカラカラ天気が続くとたまには水滴が恋しくなるから不思議です。昨日と今日は、久しぶりの雨模様になりました。
ありがたいことですわょ。
おみ足の痛みにも耐えながら大きな水瓶を持っては夏野菜の苗にお水の供給に・・
収穫は簡単なれど、実のなるまでの苦労は並大抵ではありませんね。
私ちと言えば、食べては寝るのがお仕事なんで楽ちんなんですけどね・・

今か今かと待っていたかのように、3Mにもなろうかという木の先端にブラシ形をした赤い花が咲きだしてきました。(画像上左)
快晴の惷に映える姿は、また格別です。

垣根沿いでは、赤くカルミア(画像上中左)が咲きだしこの時期が、小さなお庭なんですが一番の見ごろでしょうか。

同じ時期には、趣味仲間との作品交換がまた始まります。毎年のことながら年間の決まり事なので仕方ありませんがぁ。
楽しいような・・苦痛のような・・
その前哨戦と言ってはなんですが、閑を見つけては小作品(160×220)をチョイと作成。夏に向かうので、クラゲ(画像上中右)とおサカナさん(画像上右)ですかね。
Date: 2017/05/26(金) No.60

No.63 きくちん 2017/06/07/19:43:09
オサカナさん、すごく好きー。家に飾りたいくらい。色合いが(・∀・)イイ!!

花は🎶―花は🎶―花は咲くー🎶・・


大型連休もアッという間に終わり、お仕事に、学業に、菜園仕事に、ボランティアに・・
それぞれの生活が始まりましたね。

私ちも相も変わらず散歩に出てはあちらこちらにマーキングしては縄張りを確認しているんですわょ。


お庭では、順番を待っていたかのように咲きだしていますょ。
「アメリカイワナンテン」が、満開となり白い花はさふさと・・(画像上左)

バナナの香りを周辺に放っているのが「カラタチオガタマ」ですね。(画像上中左)
別名バナナツリーとも呼ばれて、甘い香りがなんとも言えません。

チョット変わっ鉢植えでは、「カンガルーポー」が咲いています。(画像上中右)この名前が、はきっりしないんですね。Nさんが、花屋さんで聞いてくれたんですが・・
花図鑑で見ても載っていなくて未だに判らずじまい・・
本来なら紅いろの茎の先に花が開くのですが、今年は何故か生気がなくて、萎れ加減なんですね。
水のやりすぎか・・肥料のやり過ぎか・・
愛情過多なのかもね・・

私ちも肥満にならないようにしなければ・・(画像上右)
Date: 2017/05/11(木) No.59

ふる里の祭り


私ちMocaは、お留守番でした。
殿サマのふる里では、この3日と4日は、昨年にユネスコの文化遺産登録もされました「潮干祭り」でした。

江戸時代から海運・醸造が盛んな土地で、豪華な装飾と厳格な作法を守り、5台の山車を豪快に浜に曳き下ろすことで有名なんです。
300年の歴史ある「神事」で、今でも女人禁制を続けている祭りです。
山車を飾る彫刻も豪華ですし、山車の上でのからくり人形の動きもも一見の価値がありますね。

日頃は、過疎化とは言いませんが閑散としている田舎町ですが、この日は多くの人出で大賑わいです。

このお祭りに絶対欠かせないもの・・それが「串あさり」今年は、貝毒や冬場の強風で稚貝が流されるなどの影響で収穫が激減しているため、なかなか入手できません。
一串に6ヶついているのですが、なんと一串500円。
お土産としてはチョットばかり高価なお品になっちゃいましたわょ。
揚げてよし・・焼いてよし・・ですかね。

Date: 2017/05/05(金) No.57

No.58 コバちゃん 2017/05/05/21:55:36
数年前あるバス旅行で隣合わせたひとに頂き泡の出るものには
最高の口取りだ 数日間の旅で 意気投合し このあさりの

とれるところ教えて頂き 櫛作りに挑戦したものです
数年前からあさりが不漁で さっぱりです。おいしかったなあー。

花は咲く

今年は、遅くまでさくらを楽しませてもらいましたが、お城の庭にも花芽が少しづつ開花し始めました。

シラー(画像上左)も群生で顔をだし、ナルコゆりやスズラン(画像上中左)も・・
白い花と言えば、サンザシ(画像上中右)も・・秋には、赤い実を付けてくれますよ。
それにも増して嬉しいのが、どうだん(画像上右)ですね。今年は、殊のほか多くの白い花を付けてくれました。周辺の木の根っこを掘り返しながら整理したのが良かったのでしょうかね。

春先に花芽を付けたガールマグノリア(木蓮の種類)ですが、紫色が見え始めたころには鳥たちのお食事になっちゃいましたね。
おみごと!!と思えるほどにきれいになくなりましたが、僅かに残った花芽が咲いてくれましたね。

Date: 2017/05/01(月) No.54

No.55 きくちん 2017/05/02/09:44:55
綺麗ですね。どれも。木蓮大好きなの。赤もいいですね。右端のは、白いサクランボみたいですね。

No.56 Coo 2017/05/03/12:50:32
毎年春先には甘い香りを漂わせてくれる沈丁花が、今年は花も香りも生気がなくて残念でした。小さなお庭にあれもこれもと木々を植え過ぎなのかもね。
矢合観音の植木屋さんに相談すると、寿命があり10年から20年で枯れるらしい・・。
門前のお団子をお土産に、ついでに新しい株を買って植え替えをしたところです。



にはちがじゅう


今年のさくらは、ちらほら散りかけの枝もありますが長きに亘って花見をすることができています。これも花冷えの影響なんでしょうかね。

今日は、ファミリー全員ともお城に籠城の一日になりそうです。
「Mocaは、何が食べたいのかなー?」って・・
「私ち久しぶりに蕎が食べたいぃ・・」って・・あくまでも私ちの願望なんですけどぉー。
聞いてくれるんですが、実際のところは、私ちのお口には絶対に入ることはありませーん。

新そば粉がまだ余っていたので、久方ぶりに昼食用に打ち出したました。
いつもの手順で、そば粉8と繫ぎ粉2を混ぜ気候と湿度を勘案して、加水率を考えながらこね始め・・延ばし始め・・
たのは良いのですが、延ばす度に生地が破れて亀裂が入る有様に・・(画像左)

そこはそれ、ごまかしの人生を生きてきた殿サマですね。きれいな部分を選んではカットして形を整えちゃいましたわょ。(画像中左)(画像中右)

ブツブツの切れ端は、カリッと揚げて無駄にはしませんよ。
肝心の蕎麦といえば、
茹で上がる度にブツ切れ状態に・・「何んでだろぅー?」って頭をかかえちゃいましたねぇ。

味は確かに美味しい。十割ソバの舌ざわりなれど長さが足りないぃー。(画像右)
「こりゃスプーンで食べた方が早いなぁ・・」なんて嫌味も言われシュン!
色々思いを巡らすと、
蕎麦粉8に、
つなぎ粉のつもりで、打ち粉(花粉)2を投入しちゃったようですね。
味だけは、「二八が十」になっちゃったぁー。

お歳はとりたくないよぉー!!
Date: 2017/04/16(日) No.53

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
返信した方が修正・削除する場合(またはタグを効かせたい場合)
No. PASS

**HOME**
008707
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70
このプログラムは上記のCGIを改造したものです。